胎動が痙攣したような感じ・・・おなかの赤ちゃんは何をしているの?
48views

胎動が痙攣したような感じ・・・おなかの赤ちゃんは何をしているの?

胎動が痙攣したようにドドドドッと起こると、何が起こったのだろう?おなかの赤ちゃんは大丈夫なのかな?と不安になることはありませんか?赤ちゃんの胎動について、妊娠初期から妊娠後期までを詳しくご紹介します。

気になる!赤ちゃんの胎動

気になる!赤ちゃんの胎動

胎動が痙攣しているように感じる、むにゅむにゅと動くのでくすぐったい・・・赤ちゃんの胎動を感じると、今、お腹の中で何をしているのかな?と考えてしまいますよね。気になる赤ちゃんの胎動についてご紹介しましょう。

赤ちゃんの胎動と妊娠週数

赤ちゃんの胎動と妊娠週数

赤ちゃんの胎動は、妊娠どのくらいで分かるようになるのでしょうか?妊娠週数とあわせて胎動の変化をみていきましょう。

【妊娠初期(妊娠0週~15週)】

妊娠初期は、赤ちゃんがまだ小さく、胎動を感じる妊婦さんは少ないです。痩せている妊婦さんの方が、この時期に胎動を感じやすいと言われています。妊娠初期に感じる胎動は、グルグルというようなお腹の音と間違いやすいです。

妊娠初期に胎動を感じないのは、赤ちゃんが動いていないわけではありません。赤ちゃんはお母さんのお腹の中を動いているのですが、体が小さく、子宮に振動を与えるだけの力がないのです。

【妊娠中期(妊娠16週~27週)】

妊娠中期の妊娠18週あたりから、胎動を感じる妊婦さんが増加します。安定期に入った妊娠中期は、お母さんの心もリラックスしやすいため、胎動が感じやすくなるのかもしれません。妊娠中期に入ると、お腹の赤ちゃんもだいぶ大きくなり力もついてきます。

【妊娠後期(妊娠28週~27週)】

妊娠後期になると、胎動がより強く激しくなります。赤ちゃんの体も大きくなり、子宮内で動き回ることが窮屈になってきます。ぐぅーっと手を押し出しているように感じたり、足でドドドッと蹴るなど、胎動が痙攣をしているように感じることもあります。

胎動が痙攣!?赤ちゃんは何をしているの?

胎動が痙攣!?赤ちゃんは何をしているの?

胎動が痙攣をしているように感じるとき、赤ちゃんは一体何をしているのでしょうか?赤ちゃんがどのような動きをしているのかをご紹介します。

【伸びで胎動が痙攣】

赤ちゃんが手足を伸ばして思いっきり伸びをしているときに、胎動が痙攣しているように感じる方もいらっしゃいます。ぐーんと手を伸ばしたときに、ぴくぴくと動くのを痙攣のように感じたのかもしれませんね。

【おしっこで胎動が痙攣】

赤ちゃんはお腹の中で、羊水を飲んだり吐いたりします。また、おしっことして排出も行います。赤ちゃんがおしっこをしているときに、胎動が痙攣しているように感じたのかもしれません。

【しゃっくりで胎動が痙攣】

赤ちゃんがお腹の中でしゃっくりをすることがあります。一定の間隔でしゃっくりをするので、それを痙攣しているように感じたのかもしれません。

危険な胎動ってあるの?

危険な胎動ってあるの?

妊娠後期になると出産が近づいてくるため、胎動が激しくなってきます。胎動が激しいのは、赤ちゃんが元気な証拠です。ここでは、妊娠後期に入って注意するべき胎動についてご紹介します。

妊娠30週をすぎると赤ちゃんはどんどん大きくなり、胎動の動きや強さが激しくなります。生まれるまでは、胎動が続くことが正常です。

危険な胎動を見分けるために、胎動を10回感じるのにどのくらい時間が掛かるのかを計ってみましょう。胎動を10回感じるための時間が1時間以上掛かる場合、赤ちゃんが危険かもしれません。赤ちゃんの心拍数が減少している可能性が高いため、産婦人科を受診し、赤ちゃんの状態を確認してもらいましょう。

PR