年子の育児は、大変!?年子のメリットは、こんなにたくさんありました!
118views

年子の育児は、大変!?年子のメリットは、こんなにたくさんありました!

年子の育児は、大変というイメージをお持ちだと思います。そんな中、年子のメリットは、本当にあるの?と思う方も多いと思います。しかし、年子には、数多くのメリットがあります。育児というものは、大変なものですが、年子だと育児期間が短くて済み、経済面でもメリットが多いです。年子を考えている人は、必見です。

年子のメリットは、たくさんある!

年子って大変じゃないの・・・・!?

年子って大変じゃないの・・・・!?

年子というと、通常の子育ての2倍の労力がかかり、さらに経済面でもお金がかかりそう・・・そんなイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし、年子には、数多くのメリットがあります。まず、大きなメリットは、育児がいっぺんに終わるということです。

年子の場合、育児は、短期集中型です。短期間で終わる分、2人分の面倒を一気に見なければならないため、神経も使いますし、体力も使いますが、実際のところ、保育園や幼稚園に入れるまでが大変なだけで、それほど子育てに追われる時間は、長くありません。

子どもが生まれると、夫婦の時間が少なくなり、子育てに追われ、夫婦仲がギクシャクしてしまう・・・なんていう事を聞いたことはありませんか?

しかし、年子の場合だと、子育てが一気に終わるため、夫婦の2人の時間を比較的早く取り戻すことが出来ます。

子育ても一緒にしたいけど、夫婦の2人の時間も大切にしたい!

子どもは何人か欲しくて、子育ても一緒にしたいけど、夫婦の2人の時間も大切にしたい!という夫婦も多いですが、そんな希望を叶えてくれるのが、年子です。

子育てというと、お母さんが中心となり、お父さんは子育てにあまり関わらないというケースも多いですが、年子の場合、お母さん1人だと子育てに負担が掛かるので、夫婦で分担して子育てを行うため、お父さんも、自分が子育てに協力してあげられている!という実感を持つことが出来ます。

年子だと、学校行事も楽!

年子だと、学校行事も楽!

子育てをしている中で色々と気を遣うのが、学校行事の参加と、PTAなどの役員の心配ですよね。

年子の場合、保育園や幼稚園などに入れるとき、割引などの嬉しい特典があります。これだけでもかなり嬉しいメリットですが、さらに小学校・中学校に進学しても年子ならではのメリットは続きます。

まずは、学校行事の参加に関してです。子どもが小学校に進学すると、運動会を始めとして、学芸会、授業参観など、数多くの学校行事があります。子どもにとって学校行事は、普段の学校での生活の発表会となるため、やはり両親には、活躍を見に来てもらいたいものです。しかし、現実的に、共働きの夫婦などは、なかなか平日の学校行事に行けなかったりしますよね。

年子の場合、特定の日だけ休めば、一気に兄弟の学校行事に参加することが出来ます

しかし、年子の場合、特定の日だけ休めば、一気に兄弟の学校行事に参加することが出来ます。

また、お母さんの多くの悩みが、PTAなどの役員の心配です。仕事が多忙だと、なかなか学校の役員になりたくないですが、あまり避けすぎていると、周りのママ友からの目も気になります・・・。年子の場合、一度役員などをやれば、安心です。まさに、年子ならではの大きなメリットですよね。

パパ・ママで協力して子育てを行おう!

パパ・ママで協力して子育てを行おう!

子育ては、どうしてもママが中心となって行うものというイメージが強いですが、近年、イクメンと呼ばれる育児をするお父さんが増えてきて、話題になっています。本来、子育てというものは、やはり夫婦で行うものです。

お互いに助け合いながら、愛情を込めて大切に子どもを育てていきましょう。年子の育児の場合、一気に2人を育児しなければならないため、通常の子育てよりも苦労が多いと思いますが、その分やりがいもありますよ。

PR