妊娠で水太り!?いざとなって慌てないための原因と対策について
93views

妊娠で水太り!?いざとなって慌てないための原因と対策について

妊娠している時の身体の変化はたくさんあります。そのなかで多くの妊婦さんが悩んでいる妊娠で水太りについて、なぜ起きるのか、そしてどのようにすれば防ぐことができるのか、そして水太りになってしまった場合どうすればよいのかを考えていきます

妊娠で水太り!慌てないためのその対処について

妊娠で水太り!慌てないためのその対処について

妊娠・・・それは女性の身体においても一生に数度しかない大きな変化です。

つわりがあったりお腹が大きくなるだけでなく、動きにくくなったり足がつりやすくなったりします。なかでも、多くの妊婦さんを悩ませる妊娠で水太り、そんな身体の変化について解説します。いざ妊娠。喜ばしいことばかりではなく、大変なことも。そんな妊婦さんが水太りで悩まないために、何が原因で起こるのか、どうしたらいいのか解説していきます。

なぜ妊娠中は水太りになるのでしょうか

なぜ妊娠中は水太りになるのでしょうか

妊娠で水太り、これは多くの方が経験している妊娠における体の変化の一つです。

なぜなら、妊娠中に水分を体が貯めこもうとするからです。

赤ちゃんは、お母さんの血液から栄養を摂ります。そのため、血液を流れやすいようにサラサラにするため、水分量が増えます。我々の身体は普段でも、3分の2が水分量というくらい、豊富な水分で作られています。ですので、ただでさえ多い身体中の水分が、妊娠により非妊娠時より多く摂取しようと積極的になります。

詳しく言うと、妊娠で生まれる卵胞ホルモンというホルモンが、よりナトリウムを筋肉や皮下組織へ取り込もうとします。そのため、のどが渇きやすくなったり、水分を多く必要とします。そして水分を過剰に摂取することが、妊娠での水太りにつながってくるのです。

妊娠中で水太り、適切な水分補給量はどのくらいでしょうか?

妊娠中で水太り、適切な水分補給量はどのくらいでしょうか?

普通、健康な妊婦がのどの渇きをおぼえないために水分を口にすることは問題ありません。

厳密に言うと、前日の尿量よりも800ミリリットルの水分を加算した量が1日の水分摂取量の目安になります。成人の排尿の量は1日1000から1500ミリリットルですから、水分補給をする際にはそれを心がけると良いです。

しかし、水分よりも危険なものは塩分です。妊娠中はただでさえ非妊娠時よりもナトリウムを摂取しやすくなっており、それにより妊娠高血圧症候群の恐れもあります。塩分を摂取することによって、よりのどの渇きを覚えやすくなります。

そうして過剰に水分を摂取すると、水太りになってしまいます。さらにナトリウムが体内に蓄積してむくみを発生させたりします。ですので、水分の量よりもむしろ塩分の量に気をつけて、減塩を考えた食生活を送るべきなのです。

妊娠中に行ったほうがいい、塩分の少ない食生活って!?

妊娠中に行ったほうがいい、塩分の少ない食生活って!?

私たち日本人はたいてい、ご飯と副菜、汁ものという食生活ですので食塩を摂りすぎる傾向にあります。

おやつによく食べられるスナック菓子やせんべいにもたくさんの塩分が含まれています。ですが、水太りを防ぐためにも妊娠をすると1日の食塩量をだいたい6グラム程度に抑えることが必要です。そのためにはまず、しょうゆやみそといった調味料は塩分の少ない減塩タイプを用意することが必要です。さらには、練り物や漬物などの塩分にも気をつけます。

汁ものや煮物はなるべく出汁で味をつけるようにしましょう。そして、ジャンクフードやインスタントラーメンなど、塩分を多く含む加工食品も摂取を控えます。魚や肉、野菜にしても素材の味を大事にすることで、塩分の摂取量を少なくできます。

それが、妊婦の水分過剰摂取を防ぎ、のどの渇きを覚えることが少なくなります。どうしてものどの渇きが止まらない場合は、妊娠高血圧症候群も考えられますので、医師の診察を受けることが必要です。

運動によって水太りを解消する!妊娠で水太りの対策

運動によって水太りを解消する!妊娠で水太りの対策

妊娠中の水太り、とくに浮腫みは下半身、ふくらはぎや太ももに出現します。

特に水分を過剰摂取するとより深刻な状況になってしまいます。ですので、マッサージをして解消することができます。同じ姿勢でずっと動かさずにいると、より事態は深刻になります。ですので、寝る前に脚をしっかりとつかんで血流の良くなるようなマッサージを行うことで翌朝にはむくみが軽減することもあります。

そうすると、身体も水太りが少しずつ改善してくるでしょう。

PR