双子で妊娠線ができないこともあるの?双子妊娠は特に予防が重要!
61views

双子で妊娠線ができないこともあるの?双子妊娠は特に予防が重要!

お腹の赤ちゃんが双子で妊娠線ができてしまった…。双子を妊娠したママの多くは妊娠線ができると言われています。しかし、中には双子でも妊娠線ができない人もいるようです。もちろん体質が大きく関係していますが、妊娠線の予防をするのとしないのでは大違いですよ。

双子で妊娠線ができやすくなる

約9割の人が妊娠線を経験しています

約9割の人が妊娠線を経験しています

妊娠してお腹が大きくなってくると、お腹に赤紫色の線ができます。これは妊娠線と呼ばれ、妊娠した人の約9割に表れる症状です。決して珍しい症状ではありませんが、いざ自分が妊娠すると何とか妊娠線を予防したいと思う人も多いでしょう。

妊娠線ができる部位=お腹というイメージがあります。

その通り、妊娠することによってお腹が大きくなるため最も妊娠線ができやすい部位と言えます。

しかし、妊娠線ができるのはお腹だけではありません。胸やお尻、太もも、二の腕も妊娠線ができやすいため油断は禁物です。また、妊娠線が厄介とされる大きな理由は、1度できると消えないためです。

妊娠中赤紫色だった妊娠線は、出産後に白っぽくなっていきます。このように色は薄くなるものの、完全に消えることは無いそうです。妊娠線は我が子を妊娠したからこそできるものですが、できることならば予防したいのが本音ですよね。

双子妊娠は必ず妊娠線ができる?

双子妊娠は必ず妊娠線ができる?

妊娠線は、お腹が大きくなることによって皮膚が引っ張られてできます。

お腹の中の赤ちゃんが1人の時と比べて、双子妊娠ではお腹が更に大きくなります。そのため、1人を妊娠している時よりも双子を妊娠している時の方が妊娠線ができやすいと言えるでしょう。双子妊娠は高い確率で妊娠線ができるため、より予防を徹底することが悪化を防ぐカギとなります。

しかし、必ずしも双子で妊娠線ができるとは言えません。

決して多くはありませんが、双子を妊娠しても妊娠線ができなかった人も中にはいます。妊娠線ができるかできないかは体質も関係しているため、個人差があります。このように妊娠線には体質が大きく関係しているのですが、それ以外に乾燥が大きな原因になります。

特に、肌が乾燥しやすい冬は妊娠線予防として保湿を徹底することをおすすめします。

妊娠線予防のポイント

妊娠線予防のポイント

妊娠線を予防するためのポイント1つ目は、とにかく保湿をすることです。

前述したように、肌が乾燥していると妊娠線ができやすくなります。そのため、こまめに保湿を心がけて常に肌の潤いをキープしましょう。最近では妊娠線のケアをする専用のクリームやオイルなども数多く販売されています。専用クリームですと妊娠中のデリケートな肌を配慮して作られているため肌荒れなどのトラブルを起こしにくいと言えるでしょう。

妊娠20週頃になるとお腹が大きくなり始め、それと同時にお腹がかゆく感じることが多くなります。

このかゆみは、肌が乾燥している証拠です。つまり、妊娠線ができる前兆と言えるでしょう。そのため、かゆみを感じたら妊娠線予防をより徹底していくことが大切になります。特に双子妊娠では、かゆみを放置するとびっくりするくらいの妊娠線ができてしまいます。

pregnant-673901_640 妊娠 妊婦

妊娠線を予防するためには、体重管理をしっかりと行うこともポイントになります。

特に双子妊娠ではただでさえお腹が大きくなりますので、体重が増えると更に妊娠線ができやすくなってしまいます。体重を増やし過ぎないためには、適度な運動が効果的です。ウォーキングであれば誰でも気軽に始められます。また、マタニティヨガやマタニティスイミングなど妊婦向けの運動もおすすめです。

バランスの良い食生活を心がけることも体重管理の重要なポイントです。つわりが終わる妊娠中期以降はついつい食欲が増してしまうのですが、食欲のままに食べていたら当然体重が増えすぎてしまいます。妊娠中は食生活にも注意したいですね。

PR