望まない妊娠をして一人で悩んで辛い・・・。中絶の方法が知りたい!
88views

望まない妊娠をして一人で悩んで辛い・・・。中絶の方法が知りたい!

望まない妊娠をしてしまったとき、中絶を考えますよね。そこで、中絶の方法を解説していきます。中絶というのは、やはり大切な命を絶ってしまうこと。慎重に考えなければならないことですが、様々な理由で中絶しなければならないときもあるかと思います。しっかりと知識を深めていきましょう。

中絶の方法ってどんなものがあるの!?

中絶って具体的には、どのようにするの?

中絶って具体的には、どのようにするの?

中絶というのは、具体的には、人工的に流産させる方法です。

しかし、妊娠して出産するまでにいつでも中絶出来るといったわけではありません。中絶出来る期間は、妊娠して21週と6日までの期間と決まっています。

また、中絶可能な期間ギリギリで中絶するのは、母体にもリスクがあります。悩んだ末、中絶すると決めたら、なるべく妊娠初期の段階で中絶の手術をすることが大切です。

では、妊娠初期に中絶するには、どのような方法があるのでしょうか?

まず1つ目は、吸引法と呼ばれる方法です。この吸引法は、その字のごとく、赤ちゃんを吸引して吸い取り、中絶させる方法です。そして2つ目は、掻爬法と呼ばれる方法です。掻爬法は、赤ちゃんを特殊な器具で掻き出す方法です。

手術の内容は、医師と相談の上、決める形

手術の内容は、医師と相談の上、決める形になります。

中絶手術は、やはり少なからずリスクもあるので、医師だけでなく家族などともよく相談する必要がありそうです。

中絶手術の簡単な流れは、まず医師の診察を受けて、手術の段取りを決め、書類にサインし、手術をするという流れになります。妊娠初期の場合は、入院を受けて手術することは珍しく、基本的には日帰りでの手術になります。

中絶手術の費用は、いくらぐらいかかるの!?

hospital-894494_640

中絶手術の費用は、いくらぐらいかかるかご存知ですか!?

妊娠初期の場合の中絶手術は、総額で20万円程度かかるそうです。これらは、手術方法など病院によっても大きく異なってくるので、事前に調べておくことが必要です。

なぜこんなに高額になるかというと、保険診療が効かないからです。また、中絶をする方は、それぞれ様々な理由を抱えているので、カウンセリングが必要になることが多く、カウンセリングの代金も高額になることもあります。

望まない妊娠を防ぐためには、しっかり避妊を!

望まない妊娠を防ぐためには、しっかり避妊を!

近年は、性の若年化が問題になっています。性に対して正しい知識を持たないまま性行為をしてしまい、望まない妊娠をしてしまう若者が後を絶ちません。

パソコンやスマートフォンの急速な普及で、アダルトな動画なども簡単にネット上で見れるようになりました。好奇心でそのような動画を見るのは、思春期のいたって普通の行動ですが、そういった動画を見て勉強したつもりになり、見よう見まねで避妊もせずに性行為をしてしまうことは、大変危険です。

妊娠をしてしまうリスクはもちろんですが、性病など性感染症のリスクもあるからです。

自分の身を守れるのは、自分しかいません

やはり自分の身を守れるのは、自分しかいません。

また、避妊方法として一番メジャーなのは、やはりコンドームの使用ですが、これは男性主導の避妊方法をなるため、男性がきちんと正しい使用法を理解しておく必要があります。近年、コンドームの正しい使用方法などは、中学校の保健体育の授業などでも指導されているそうですが、今一度、確認してみるようにしましょう。

また、現在、交際している人は、性行為に対してお互いゆっくり話し合って、お互いが同意するような形で性行為をするようにして下さい。

話し合いをするとお互いのことがもっと理解出来ますよ。

PR