分かってほしい・・知ってほしい・・妊娠中のマイナートラブルとは・・!?
55views

分かってほしい・・知ってほしい・・妊娠中のマイナートラブルとは・・!?

妊娠中というのは周りの人からの手助けなしでは生活できません。周りの人からの理解が必要になります。特に妊娠中の体に引き起こる様々なマイナートラブルとはどういうものなのかということを多くの人に知っておいてほしいと思います。自分が妊婦になったときや、周りに妊娠しているひとがいるときにきっと役立つ知識です!

妊娠中のマイナートラブルとは!?

妊娠中のマイナートラブルとは!?

妊娠中の女性の体には様々な変化が現れます。それぞれの変化は一般的に多くの妊婦に引き起こるものから、症状の現れに個人差があるものまで様々です。しかし、妊婦の体の症状を理解してくれる周囲の人がいるというのは妊婦にとってとても力強い存在です。自分の周りに妊娠している人がいるときには妊婦の気持ちを理解してあげることが必要です。妊娠中に引きこされるこのような様々な変化のことをまとめてマイナートラブルと呼んでいます。どのようなものがあるのでしょう?

超一般的!つわりは誰もが通る辛い道!

611c149155711940aab003bc27f124c5_s

妊婦の多くが経験するつわり。原因は諸説考えられていますが、完璧にはまだわかっていません。

マイナートラブルの多くは女性ホルモンの分泌の変化によって引き起こされるものがほとんどですが、つわりもそれが原因ではないかと考えられています。つわりは妊娠初期に起こるものです。早い人では妊娠の4週目あたりから始まる人もいます。時がたてば症状は治まってきますが、症状が続く期間には個人があります。

もちろんつわりが全くないという方もいます。

頻尿や便秘などトイレにまつわる症状!

お腹の中の赤ちゃんが大きくなっていくにつれて、子宮もお腹もどんどん大きくなります。

大きくなった子宮は体の中で、周りの臓器を圧迫し始めます。膀胱や腸などももちろん子宮の近くにある臓器なのでそういった影響を受けやすいです。膀胱が圧迫されるとトイレが近くなります。また、妊娠によって体の血液のめぐりが良くなり、膀胱や腎臓に血液が多く流れます。それによって働きが活発になり頻尿につながります。

頻尿や便秘などトイレにまつわる症状!

妊娠中の女性ホルモンの分泌によって腸の働きに影響が出ることがあります。女性ホルモンの中でも黄体ホルモンと呼ばれるホルモンは、腸の働きを鈍くしてしまうことがあります。また、妊娠中はどうしても運動が不足しがちになるのでそういった点からも腸の働きが低下します。さまざまな原因が重なりトラブルが引き起こされています。

マイナートラブルにはどう立ち向かっていくのか

どんな妊婦も何らかの形で様々なマイナートラブルと感じる機会があります。症状の大きさは人それぞれですが、ほとんどの人が体に不快感を感じ嫌な思いをしています。できるだけ快適な妊娠生活を送るためにはどうしたら良いのでしょうか?

周りの人に積極的に頼ろう!

周りの人に積極的に頼ろう!

妊婦は周りに頼ってなんぼです。

どんな人でも妊娠をしていた時にはいろいろな人からサポートを受けています。特に自分の親や夫には積極的に頼って助けてもらいましょう。普段の自分ならできるコトも妊娠するとできなくなることなんてたくさんあります。情けない、恥ずかしいなんて思わずに助けを求めましょう。周りの人たちも快く助けてくれますよ!

ストレスは溜めないように心がけよう!

ストレスは溜めないように心がけよう!

妊娠中のストレスは大敵です。

初産の場合は不安で不安で仕方ないと思いますが、できるだけストレスを溜めこまないような工夫をしましょう。無理のない範囲で散歩などの運動をしてみたり、趣味などに没頭して気分転換してみたり、たまには赤ちゃんに悪い影響が出ない範囲で大好物を食べたり、楽しく毎日笑って過ごしたほうが元気で明るい子が生まれてきてくれるはずです!

PR