同じ早産でも全然違う!早産の生存率は28週以降で劇的に向上する!

早産の可能性があるときには腹部を刺激しないような食事や休養が大切です。


記事の公開を一時停止させていただいております。
復旧の目処は未定となります。
ご訪問いただきました皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご容赦のほどよろしくお願いいたします。

からきゅれ編集部

PR