つらい!!妊娠中の食べつわりを緩和する方法が知りたい!!どうすればいい??
64views

つらい!!妊娠中の食べつわりを緩和する方法が知りたい!!どうすればいい??

妊娠すると赤ちゃんができた慶びが一番ではありますが、嬉しい事ばかりではないですよね。それは、妊娠に伴う体の変化・・・特に妊娠初期のつわりは個人差はあるもののつらいのでは?妊娠中の食べつわりを緩和する方法をみていきましょう!

妊娠中の食べつわりを緩和する方法

adult-18604_640

お腹に赤ちゃんがいる喜び・・・これが一番だと思いますが、妊娠すると、喜んでばかりはいれません。体の変化や環境の変化等様々なことが起こります。そして初めての妊娠の場合は特に、戸惑う事が多いのではないでしょうか?

妊娠中にはじめてぶつかる壁は【つわり】

そんな中で妊娠初期で、一番はじめにぶつかることってつわりではないでしょうか?もちろん、個人差はありますので、つわりが重い人もいれば軽い人もいます。しかし。食べ物によるつわりが起こる人はやはり多いようですので、ここでは、妊娠中の食べつわりを緩和する方法をみていきたいと思います。どんな方法でしょうか?

つわりは妊娠初期の症状として代表的なものですが、妊娠すると食の好みも変わり、食べ物によってつわりを引き起こす場合もあるようです。

逆につわりを軽減するといわれる食べ物もあるようです。しかし、これも一般論なので、必ず効果があるとは言えないようです。何度もいいますが、個人差があるため、ぜったいと言うのが難しいのが妊娠したときに出る症状です。つわりは、まだ医学的にも解明されていない部分もあるようなので、あくまでもそうなんだ、くらいで参考にしていただけると幸いです。

妊娠中の食べつわりを緩和する方法って?

妊娠中の食べつわりには生姜が効く

妊娠中の食べづわりには生姜

よく耳にするのは、つわりには生しょうががきく!!なんて言われています。(つわりだけでなく通常時に吐き気がするときも効果的と言われています)効果的と言われる理由は何でしょうか?それは、しょうがに含まれる成分、ジンゲロールが吐き気に効果的だからだそうです。このジンゲロールはセロトニンによって吐き気を起こした際に収めてくれる働きをするそうです。しかし、ジンゲロールは乾燥しているしょうがでは効果がないそうです・・・生しょうががこうかてきだそうです。

しかし、妊娠中に生しょうががいいからといっても中々食べにくい気もします。そんな時は医師に相談して、大丈夫そうであれば、サプリメントを代用してもいいかもしれませんね。

妊娠中の食べつわりには揚げ物は避けて

妊娠中の食べづわりには揚げ物を避けて

つわりがひどいと食べる気が起こりませんよね。個人差はありますが、油物等は控えましょう。

妊娠中の食べつわりの時には少しずつゆっくり

軽減する方法としてゆっくり分けて食べる方法があります。一気に食べるのではなく小分けにして食べるようにしてみてください。食べものによって吐き気がすることもありますが、実は空腹でも吐き気はおきます。できるだけ胃を空っぽにするためにも小分けにするのがオススメです。食べやすいものは、うどんやそうめん等が食べやすいと言われていますよね。食べ過ぎはよくありませんが、アイスクリームも食べやすいとの声も聞きます。

妊娠中の食べづわりには脱水症状に気をつけて

つわりがひどくなると、入院しなくてはいけなくなる場合もあるようですので、ひどい場合はすぐに医師に相談しましょうね。先ほどもいいましたが、つわりで怖いのは脱水症状です。できるだけこまめに水分を補給しましょう。そして、ビタミン類を取るようにしましょう。サプリメントでも大丈夫です。心配な場合は担当医に必ず確認しましょうね。ビタミンB6や、葉酸サプリがおすすめのようです。

PR