切迫流産・切迫早産で安静に!自宅安静の過ごし方はどんなものなの?
42views

切迫流産・切迫早産で安静に!自宅安静の過ごし方はどんなものなの?

妊婦検診にいったらまさかの自宅安静の指示が!お腹の赤ちゃんのためにもしっかり安静にしないといけないのはわかるけど・・・。でも自宅で安静ってどこまでのことがOKなものなの?自宅安静の過ごし方など気になるあれこれをチェックしていきましょう!

安静に・・・と言われるとき

安静に・・・と言われるとき

妊娠中は思いもよらないことが起こったりします。そんな中でよく聞くのが「切迫流産」「切迫早産」というキーワードです。これらが確認されると基本”安静”ということになります。

ではいったいその”安静”はどこまでのことをいうのでしょうか?

今回は特に「自宅安静」についてチェックしてみたいと思います!

自宅安静の過ごし方はどんなもの?

どうしても自宅で過ごすとなると家事や洗濯、兄妹がいる場合はそのお世話といろいろ日常的にやることがいっぱいですよね。さらに仕事もしていたら「自宅?!」となって仕事もどうしていいかわかりませんよね。

<絶対安静に!>

本来なら入院をするぐらいまでのときでも自宅安静になることがあります。

それはすでにお子さんがいる場合に多くみられます。特にまだ小さなお子さんがいるときはいきなりの入院に対応できないことが多々発生します。そんなときにあるのが「絶対安静」といったレベルのもの。先生に「食事やトイレ以外は横になっておくこと。」といった指示がでます。そのときは家事などもNG。場合によっては入浴もNGになることもあります。

しっかりと医師の指示に従い、身体を休めるようにしてください。そういった環境を作るために旦那様やお母さまなど力になってくれるかたにお願いをすることも忘れないようにしてくださいね。

ann 4

ann 4 / springleaves https://www.flickr.com/photos/39757686@N06/5176002209/

<しっかりと安静に!>

絶対安静に比べると少し安静度が低くはなりますが、横になるという基本体勢は変わりません。

入浴が許可されている場合は長風呂はNGですが、入浴することもできます。もちろんですが外出はNG。何か日常的な買い出しがある場合はネットスーパーなどを利用し、外出しなくてもいい環境づくりをすることが必要になってきます。

<なるべく安静に!>

家事などはしても大丈夫ですが、長時間の立ち仕事などはNG。重いものも持たないほうがいいので、もし重いものを持たなくてはいけない状況のときは他の人に頼むようにしましょう。

横になりっぱなしの安静とまではいきませんが、でも”安静”にしなくてはいけないことには変わりありません。できる限り外出も控え、時間があるときには横になり、身体を休めるようにしましょう。

_DSC0963

_DSC0963 / J. Ley Photography https://www.flickr.com/photos/jley/4464090936/

<安静を心がける!>

家事や仕事をすることはOKですが、”安静を心がける”ことは忘れないようにしましょう。長時間になるような外出や重いものをもつなど身体に負担がかかるようなことは避けるようにしてください。何かしていてお腹が張ってきたなどの症状が現れたときは身体を休めるようにしてください。

自宅安静のときには仕事はどうしたらいいの?

仕事をしているとそうやすやすとはお休みすることはできませんよね。

でも絶対安静にしなくていけないときには仕事もお休みする必要があります。そういったときには医師に診断書を記入してもらい、会社に提出をして「産休」に入るのを早めてもらうなどの対策を行うようにしてくださいね。他にも上司や同僚に相談し、身体に負担になりにくい仕事を回してもらったりなどして、様々な人に協力を仰ぐこともとても大切なことになってきますよ。

最後に

自宅安静、いろいろしなくてはいけないものが視界に入ってきてしまうので実は一番難しいかもしれません。でもしっかりと身体を休めることで赤ちゃんを守ることができるのです!

しっかりと休んで元気な赤ちゃんにあってくださいね!

しっかりと休んで元気な赤ちゃんにあってくださいね!

PR