妊娠中に梅毒検査で陽性反応が出たら、どうすればいい?
73views

妊娠中に梅毒検査で陽性反応が出たら、どうすればいい?

梅毒という病気は、妊婦がかかっている場合にはお腹の赤ちゃんにも影響するため、全妊婦に梅毒検査が行われます。もし、妊娠中に梅毒検査で陽性反応が出てしまったら、赤ちゃんには必ず感染するのでしょうか。また、どのような治療を受ければいいのでしょうか。

梅毒ってどんな病気?

若い女性に、増加傾向が見られる。

若い女性に、増加傾向が見られる。

梅毒というのは、小さな傷口からトレポネーマという梅毒の病原菌が体内に入り込み、血液に乗って全身に広がるという病気で、主に性交渉によって感染するものです。

感染した直後は、ほとんど症状はなく、3週間後、3か月後、3年後と症状が変わっていくと言われており、症状によって症状の軽い第一期から重篤な症状の第四期まで分けられています。

一昔前までは不治の病でしたが、今ではペニシリンという特効薬のおかげで、第三期や第四期にまで症状が進む人もほとんどなく、完治することができるようになりました。が、近年若い女性の中で、梅毒にかかる人が増加している傾向があります。

妊婦からおなかの赤ちゃんへ感染する。

妊婦が梅毒にかかっている場合、高い確率でお腹の赤ちゃんにも感染することがわかっています。

そのため、現在では妊娠検査の中に梅毒検査も含まれており、妊婦は全員検査を受けることになっています。妊娠検査を行うことで、先天的に梅毒にかかって生まれてくる赤ちゃんはほとんどいなくなりましたが、ゼロになったわけではありません。

先天梅毒の赤ちゃんの症状としては、生まれてすぐには特にないものの、乳幼児期になると肝臓や脾臓が腫れて、おなかが大きく膨らんだり、内出血による紫色の斑点が皮膚に出たり、黄疸の症状が表れたりします。

また、乳幼児期には特に症状がないまま、学童期になって、角膜炎や難聴などの症状が出ることもありますが、ペニシリンでの治療を行う現在では、学童にになって症状が出る子どもはほとんどいなくなりました。

妊婦からおなかの赤ちゃんへ感染する。

赤ちゃんへの感染を防ぐために。

妊娠中に梅毒検査は必ず受けよう。

梅毒検査だけに限らず、妊娠中の検査は必ず受けるようにしましょう。

体調に問題がない、忙しく時間が取れない、などの理由で妊娠検査を受けないまま、妊娠が進んでしまうのは望ましくありません。何か異常が見つかった場合に、できるだけ早く処置を行うことができるよう、検査が用意されているのですから、必ず受けるようにしましょう。

妊娠中に梅毒検査は必ず受けよう。

もし梅毒検査が陽性だったら。

妊娠中に梅毒検査を受けて、陽性反応が出たら、できるだけ早いうちに確定診断を受けます。

梅毒は、過去にかかったことがあり、現在は完治している場合でも陽性反応が出るため、梅毒の病原体が、体内で活動しているかどうかの検査が必要になります。その検査でも感染が確認できた場合は、早急に治療をしなければなりません。

妊婦の場合は、産婦人科で治療を受けることが可能で、母体の治療とともにお腹の赤ちゃんへ感染が起きるだろうと考え、赤ちゃんへの治療も行います。方法としては、母体がペニシリンを内服し、それが血液にのることで、胎盤を通して赤ちゃんに届けるというものです。

なお、確定診断や治療にかかる費用は、公費からの補助を受けることができます。

梅毒にかからないために。

梅毒の感染で一番多いのは性交渉によるものですが、単に性交渉の際にコンドームをつければ防ぐことができるというものではなく、オーラルセックスなどでも感染するということを覚えておきましょう。

また、万が一感染が判明したときには、自分だけが治療をするのではなく、夫やパートナーも感染していないか治療を受けることが必要で、もし感染していた場合は治療をしないと、一度完治した梅毒にもう一度かかってしまうことになりかねません。

梅毒にかからないために。

PR