これ何、気持ち悪い!突然、妊娠中にコブが足にできた。
47views

これ何、気持ち悪い!突然、妊娠中にコブが足にできた。

妊娠中にコブが、突然足にできてびっくりした方もいるのでは?何かと心配事の多いマタニティライフも何事もなく過ごしてきたというのに、もうすぐ出産を控えた妊娠後期によく見られるこの症状は何?下肢静脈瘤の種類や発症のメカニズムを調べてみました。

妊娠中のトラブル

突然できた足のコブとは?

順調にマタニティライフを送ってきたと思ったら、妊娠後期に入って、急に足にコブができたり血管の色が濃くなってびっくりする方が、妊婦さんの10%から20%ほどいると言われています。

また、1人目の妊娠のときは何のトラブルもなかったのに、2人目、3人目になって初めてなったり、ひどくなる場合も。筆者の友人も二人目の妊娠で突然コブができてびっくりした経験がありますが、実はこの妊娠中にコブができるのは、下肢静脈瘤の一つの症状なんですね。

突然できた足のコブとは?

下肢静脈瘤とは?

妊娠中のコブが代表的な下肢静脈瘤とは、足の静脈がコブのように浮き出たり、色が青く濃くなったりする病気です。

人間の血液は心臓から動脈を通って送り出され、静脈を通って心臓に送り返されます。重力も手伝って、心臓から血液が送り出されるのは比較的容易ですが、重力に逆らって血液を心臓に送り返すのは難しく、そのポンプのような役割をしているのが第二の心臓と言われる足、特にふくらはぎです。

心臓の動きだけでは送り返すことができないので、ふくらはぎや足の筋肉が収縮して静脈内にある弁を押し広げて、心臓へと血液を送り返すのです。しかし何等かの理由で、血液の流れが悪くなったり、この弁の動きが悪くなったり、壊れたりすると、血液が逆流してとどまってしまい、コブになってしまうのです。男性に比べ女性の方が筋力が弱いので、女性の方がもともとなりやすい傾向にもあります。

どんな種類の下肢静脈瘤があるのでしょう?

伏在静脈瘤

 伏在静脈瘤

内側のくるぶしからふくらはぎの内側、そして太ももの内側、あしの付け根に走っている大伏在静脈と、かかとからふくらはぎの真ん中を通り、そのまま膝裏にある小伏在静脈が一番静脈瘤になりやすい部分です。

その中でも、足の付け根や太ももの内側、ふくらはぎに見られ、太い血管がボコボコと恐ろしいほどコブのように浮き出ます。 うっ血がひどくなるとかゆみや色素沈着が起こりやすくなり、皮膚炎になる場合もあります。

側枝静脈瘤

上記の伏在静脈瘤から枝状に分かれた細い血管が小さくコブになったもので、膝から下によく現れます。

網目状静脈瘤

網目状静脈瘤

膝の裏によく見られ、網目状に血管が青く透けて見えるものです。細い虫が波打っているようにも見えます。

クモの巣状静脈瘤

クモの巣状静脈瘤

網目状静脈瘤よりもさらに細い血管が浮き出たものです。蜘蛛の巣状にみえますが、全体の印象としてもやもやした感じです。

なぜ妊娠中になるの?

下肢静脈瘤になる要因は?

下肢静脈瘤になるには、主に大きく3つの要因があるといわれています。長時間の立ち仕事、妊娠・出産、遺伝です。では、なぜ妊娠・出産で下肢静脈瘤になりやすいのでしょう。

子宮が圧迫?

妊娠後期になる人が多いことからもわかるように、次第に大きくなる子宮が周辺の静脈を圧迫して血液の流れが悪くなり、滞ってしまい、下肢静脈瘤を発症する場合があります。また、脱水症状や予期せぬトラブルで入院することにより、運動が制限され、血行が悪くなることにより頻発します。

ホルモンの関係?

妊娠すると、妊娠を継続するために黄体ホルモンが多く分泌され、出産に備え全身の筋肉を緩めはじめます。しかし、同時に血液の逆流を防ぐ弁の働きも悪くしてしまい、妊娠中はただでさえ血液量が増えていますので、大量の血液がたまってしまうのです。

妊娠中のコブは産後に症状は改善される場合が多いですが、痛みを伴うことも多く、適切な対処をすれば安全に出産を迎えられますので、コブや異変を見つけたら、かかりつけ医に相談しましょう。

PR