妊娠中に脱毛するのはNGなのはどうして?妊娠中の脱毛と妊婦の体について
124views

妊娠中に脱毛するのはNGなのはどうして?妊娠中の脱毛と妊婦の体について

脱毛エステなどでは、必ず妊娠中の利用は無理であることが注意事項として挙げられています。でも、もしかしたら、妊娠に気が付かずに脱毛していたら大丈夫なのでしょうか?出来れば妊娠中も脱毛したいと思いますか?妊娠中に脱毛することによる、妊婦さんの影響と胎児の影響をまとめました。

妊娠中に脱毛をしていけないのはどうしてなの?

妊娠中に脱毛をしていけないのはどうしてなの?

最近では、値段もリーズナブルで脱毛専門エステが出てきたり、多くの家電メーカーからも脱毛機が販売されたりと、意外と身近な脱毛。

女性なら、エチケットとして脱毛しているのは当然な流れですが、実は、脱毛サロンなどでは、妊娠していると施工が受けられません。それは一体どうしてでしょうか?

もしも、妊娠を自覚していないのに、脱毛エステを受けていたらどうなるのでしょうか?また、妊娠をしたいと思っているのであれば、脱毛エステ自体も受けない方が良いのでしょうか?妊娠中に脱毛をしていけない本当の理由を調べていきましょう。

妊婦さんが脱毛をしていはいけない本当の理由とは?

妊娠をすると、女性ホルモンは著しく変化します。

そうなると、少しの刺激でも色々と肌トラブルを起こしがしになります。実際に、生理中になるといつもだったら大丈夫なスキンケア化粧品がいきなり合わなくなるという体験をした方もいるのではないでしょうか?

それほど、妊娠をすると、生理中以上にお肌が敏感になってしまうという妊婦さんは珍しくありません。ですから、脱毛という、かなりお肌にストレスを掛けてしまうような行為をすることで、お肌のトラブルが非常に多くなる可能性があるために、妊娠中に脱毛をすることをやめておく必要があるのです。

特にエステサロンには管理出来ないのです

特にエステサロンには管理出来ないのです

脱毛による肌のトラブルのおおよそは、エステサロンでもサポートするようにしています。

しかしながら、妊娠中は、そういった薬が使えなかったり、想像以上にダメージを負ってしまったりする可能性もあります。直接の原因ではなくても、流産してしまったことが脱毛のせいだと言われてしまうリスクもあります。

このように、それぞれに柔軟に対応することが難しいという判断から、料金を支払って脱毛するサロンは、妊娠中のお客様をお断りしているのです。

実際には、胎児などには影響がありません

実際には、胎児などには影響がありません

脱毛サロンの中には、レーザー脱毛をしているところもあるでしょう。

では、妊娠中にそのレーザーを浴びたとしたら、胎児および妊婦さんに何かしらの影響があるのでしょうか?

これについては、ほとんど影響がありません。レントゲンのような放射能やレーザーでないため、脱毛のときに使うレーザーが原因で流産してしまう、胎児になにかしらの影響を及ぼすということは考えにくいのです。

ただし、脱毛の刺激は影響がある可能性も!?

ただし、脱毛の刺激は影響がある可能性も!?

ただし、脱毛の刺激は、まったく影響がないとも言い切れません。

毛抜きなどで抜く行為は、痛みを発生させます。この痛みは、妊婦さんにお腹の張りを引き起こさせる可能性があります。でうすから、お腹の張りが良くない時期(臨月以外)には、こういったお腹の張りを発生させることは出来る限りしないようにしましょう。

まとめ

実際には、いくら妊婦さんだとは言え、脱毛をしないというわけにはいきません。

ですから、そういった場合には、刺激の少ない脱毛を選ぶようにしましょう。除毛クリームやかみそりなどを使ったりすることで痛みを発生させることはありません。ただし、こういったクリームやかみそりのときに使う石鹸などの成分もきちんと調べて、特に妊娠中は体調の良いときにするように心掛ける、などの気遣いが必要になりますね。

PR