赤ちゃんへの影響は?妊娠中にかゆい・・・原因は?対策は?
42views

赤ちゃんへの影響は?妊娠中にかゆい・・・原因は?対策は?

妊娠中はとかく心も体もナイーブになりがちです。それは、ママになる準備のために体が変化していっている影響でもあります。そんな体の気になる症状で「体が妊娠中にかゆい」と感じている妊婦さんも多くいるようです。そんな妊娠中のかゆみの原因と、ケア方法を調べてまとめてみました。

妊娠すると、日々体がホルモンなの変化に応じて今までに感じなかったからだの変化感じる事があります。

例えば、異常な体のかゆみとか。そんな風に妊娠中にかゆいとき、下手に薬を使うのもよくない気もするしどうするのが正解なんでしょうか?

妊娠中にかゆい・・・なにが原因なの?

妊娠中にかゆい・・・なにが原因なの?

妊娠中のかゆみには大きく分けて、女性ホルモンが原因で肝臓の代謝が原因によるもの、皮膚の湿疹や乾燥が原因によるもの、下着の締め付けによるもの、などが考えられます。以下、それぞれ原因別に詳しく見ていきましょう。

原因その① 肝臓機能の低下

妊娠すると、肌が敏感になりがちで乾燥しやすい上にホルモンのバランスも悪く、お腹が大きくなるせいで肝臓や胆嚢などに影響を与え、内臓環境も悪くなり負担がかかることでかゆみが発生しやすくなります。

またエストロゲンが急に増加すること、子宮が大きくなった影響で肝機能が抑えられ、その結果、肝臓内に胆汁が溜まりかゆみを引き起こします。

原因その① 肝臓機能の低下

原因その② 肌のトラブルに関連するもの

肌のトラブルには「カサカサ乾燥肌によるもの」と「ブツブツ湿疹によるもの」の相反するとも思われる原因の2種類のものがあります。

かさかさ乾燥肌が原因の肌のかゆみ・・・

かゆみの最大の要因といわれるのは、「肌の乾燥」。特に、妊婦さんはとにかく乾燥しがち。というのも、「プロゲステロン」というホルモンの働きで、体中の水分を子宮に溜め込もうとするから水分が子宮に集中して肌の水分が奪われてしまうから結果肌が乾燥するからです。注意したいのは、引っかいてしまうと炎症おこすなど重大な肌トラブルを起こす可能性があり注意が必要です。

乾燥による肌トラブルのケアは、第1に保湿。肌が乾燥していると妊娠していなくても様々な外部刺激に反応してしまいます。しっかりとした保湿を心がけることが何より大切です。

かさかさ乾燥肌が原因の肌のかゆみ・・・

ブツブツ湿疹が原因の肌のかゆみ・・・

カサカサする乾燥がかゆみの原因になっているのは、多くの女性にとって経験上よく知られていることですが、逆にブツブツした湿疹も、かゆみの原因に成り得ます。イメージとしてはあせも。妊娠中は前に比べ基礎代謝が上がる関係で汗や皮脂の分泌も盛んになり皮脂詰まりを起こしやすくなります。このように、皮脂詰まりとおこすと炎症を起こしやすくなりかゆみの原因に。

原因その③ 下着の締め付けによるかゆみ・・・

下着で締めつけている部分に汗がたまったり、下着の素材によるこすれで肌が刺激されてかゆみが発生すると考えられます。なので、妊娠中は下着の素材に気をつけたり締め付けすぎず、できるだけ汗を吸いやすい綿100%のものを選ぶ事で、不快なかゆみのいくらかは回避する事ができるはずです。

妊娠中ホントにかゆいときのやっていいこと悪いこと

妊娠中のかゆみの原因は主に以上ですが、かゆみを感じるとついついポリポリと掻いてしまいます。しかし、これはNG。では、どうすれば、いいのでしょう?

Marietta

かゆみを感じたとき、よくやりがちなのが「かゆいところを冷やす」。これをすると一旦は気持ちよく治まりますが、これは一時的に血管が縮んで反動で元に戻ると余計にかゆみを感じることになります。なので、冷やす事は逆効果・・・ということになります。

また、妊娠すると肌が敏感になるというのは前述のとおりですが妊娠前に使っていた化粧品が突然合わなくなることもままあります。気になるようなら、パッチテストをして確認するほうが無難ですよ。

PR