流産後に妊娠検査薬で陽性?ヒトは妊娠しにくい動物だからこそ知っておこう!
68views

流産後に妊娠検査薬で陽性?ヒトは妊娠しにくい動物だからこそ知っておこう!

流産後に妊娠検査薬を使用すると陽性反応がでるというのは本当? いつまで陽性反応がでる?など女性と妊娠検査薬について考えてみましょう。 中には妊娠検査薬で陽性を確認しただけで、面倒で病院を受診しない人もいますが、医師による確定診断はとても重要だということを知ってください。

そもそも生物学的に見て、ヒトは他の哺乳動物よりも妊娠成功率が低いという事実、知っていますか?

つまり、じつはヒトは妊娠しにくい動物で、健康体であっても周期あたりの妊娠率は20%程度なのだそうです。さらに最近の研究では、健康体のカップルであってもある一定割合は精子や卵子に染色体異常があることが言われるようになりました。つまり、受精卵の不着床や流産と向き合わなければならないという事実がもうひとつそこにあります。

そう聞くと、母になることは奇跡という気持ち、高まりませんか?

今回は、流産後に妊娠検査薬を使用した場合のことについて紹介したいと思います。

じつはヒトは妊娠しにくい動物

妊娠検査薬で妊娠が早く分かるということは

先ほどもお話したように、受精卵が不着床であったり、着床したとしてもごく早期に流産してしまうことは割合として一定程度存在しているわけです。

妊娠検査薬は、正常な妊娠にいち早く気付けるというものであると同時に、妊娠の超初期段階で起こる異常も分かるということです。子宮外妊娠や胞状奇胎、そして流産も「陽性」反応が出ます。妊娠の継続が出来ないものについても、正常の妊娠と同様の反応があるわけです。

妊娠検査薬で陽性がでたら

なぜなら妊娠検査薬の仕組みは、尿に含まれる受精卵の着床後に分泌される妊娠ホルモンを検出することによります。自然流産でも一時的に着床した際の妊娠ホルモンを検出したことによります。

今後の妊娠のためや自分のカラダを守るためにも妊娠検査薬で陽性が出たらすみやかに病院を受診しましょう。正常な妊娠なのか確認できるのは医師による超音波検査などの診断が必要です。中には切迫流産など、医師の指示によればそのまま妊娠が継続できる可能性のある場合もあるのですから。

妊娠検査薬で陽性がでたら

性能よく、手軽に検査できるようになったから

逆に言えば、性能のよい妊娠検査薬が広まり手軽に検査できるようになったことで、これまで女性が気付いておらず妊娠・流産回数に含めていなかった段階の妊娠、つまり病院での行う妊娠の確認より以前に自分で妊娠に気付いてしまう事態が見られるようになったというわけです。

わたしたちは、通常の生理としてしか認識されないように起こっている流産があること自体をあまり知りません。
じつは、一口に流産といっても、発生する時期や原因はざまざまで、名称も違うものなのです。

性能よく、手軽に検査できるようになったから

妊娠検査薬で気付く化学流産とは

化学流産というは、着床が続かずすぐに生理のように流れてしまうものです。

タイミングによっては妊娠検査薬で陽性となるために気付く人が増えたのがこの化学流産です。数日後に再検査をしたら陰性だった場合は、この化学流産であったかもしれません。

稽留流産というのは、着床した受精卵が成長せず子宮内に残り、胎嚢や心拍が確認できないことなどで判断されます。この稽留流産はそのまま放置すると大量出血や感染症のリスクが高まるものです。つまり、妊娠検査薬で陽性反応が出たからといって安心してなかなか病院を受診していないでいると危険です。

母になるという奇跡を引き寄せる

早期流産とは、妊娠22週(妊娠6ヶ月)未満に起こるものを言います。

勘違いしやすいのがこの原因についてで、受精卵の染色体そのものの異常で妊娠が継続できないことが多く、母体の方に原因があるわけではないことがほとんどです。

しかしながら、生活を気をつけなかったせいだと自分を責めてしまう方も多いのも事実、次の妊娠に向けて気分を切り替える難しさがあることは理解できます。しかしながら、自然流産は約15%と高い確率で起こることはぜひ知っておきましょう。

母になるという奇跡を引き寄せるためには少しでも前向きに考えていかねばなりません。

母になるという奇跡を引き寄せる

PR