尿路感染症の治療は部位によって異なる?炎症別治療法とは
38views

尿路感染症の治療は部位によって異なる?炎症別治療法とは

尿路感染症の治療は炎症を起こしている部位によって異なります。基本的には炎症の原因である細菌を攻撃する抗生物質の投与による治療ですが、薬の服用や点滴など、症状の度合いによって判断するものです。炎症部位や症状による治療法についてご紹介します。

尿路感染症は女性がかかり易い

 尿路感染症は女性がかかり易い

女性の多くが経験しているのが膀胱炎ですが、発症すると自覚症状があるため直ぐに分かるのが特徴です。

トイレに行ってもまた直ぐに尿意を催し、排尿時に痛みがあるなど不快感がストレスとなるため、直ぐに病院に行くケースが多いため、治癒も比較的早く重症化するに至らないことが多いのです。尿路感染症の治療は抗生剤投与が一般的で、早期治療の場合通院の必要もありません。

ただし、再発しやすいという特徴もあるため、一度かかると同じ条件下で再び発症する可能性もあるため、普段から予防することが重要なのです。

膀胱炎は尿検査で簡単に分かるので、処方された抗生剤を正しく服用するだけの簡単な治療法です。

女性は体の構造上菌が尿路に侵入しやすいため注意が必要です。特に排便時のトイレットペーパーの使い方は重要で、拭き取る方向を前から後ろにすることで尿路への大腸菌の侵入が防げます。

尿路感染症の順番

尿路感染症の順番

尿路というのは、腎臓で出来た尿が排泄されるまでの経路を言いますが、腎盂、尿管、膀胱、尿道をさします。

尿路感染症はその名の通り、尿路菌が入り込んで炎症を起こすことですが、菌は外から入り込みます。そのため炎症を起こす場合、その順番は尿路の出口から入り口へと逆行するのです。つまり、最初に炎症を起こすのが尿道で、次いで膀胱、尿管、最後が腎盂の順番になるのです。

前項でトイレットペーパーの拭き取る方向について触れましたが、便中の大腸菌などが尿道に入り込まないようにすることで、尿路感染症はある程度防げるのです。

妊娠後期の尿路結石

妊娠後期の尿路結石

妊娠中の尿路感染の原因の一つに尿路結石がありますが、稀に妊娠後期に発症する事があり、治療に関するブログなどの書き込みが散見されます。

症状の多くは腰痛で、酷くなって病院へ行き発見されるというものです。どの様な姿勢を取っても痛みが緩和されることがなく辛いもので、温めることで一時的に痛みが治まっても治ったわけではないので、しばらくすると再び痛みに襲われます。

症状と経過観察から消去法で結石を疑うわけですが、治療法も確定していません。漢方薬を処方される場合もありますが、大抵は水分を摂って睡眠を十分にとる様促されるだけです。しかしながら、腰を温めて水分をたっぷり摂ることで、かなり痛みが緩和されます。

妊娠中のためレントゲン撮影ができないため石を特定する事が出来ない、という書き込みが散見されますが、妊娠後期になればレントゲンはそれほど問題ではありません。痛みが激しい場合は尿道から管を入れて石を排除する治療が有効です。

治療方法と胎児への影響

治療方法と胎児への影響

尿路のどの部位で炎症を起こしても、抗生物質の投与という点では尿路感染症の治療法は同じです。

ただし、症状の度合いによっては飲み薬ではなく、入院して点滴による抗生剤の投与を余儀なくされるケースもあります。薬の投与に抵抗感があっても、他に治療法はなくむしろ放置することで尿を作る腎臓へも悪影響を及ぼし、腎炎を起こす危険性があります。腎機能の低下を避けるためにも、治療は早期に行う必要があります。

また、治療が遅れることで胎児にも影響があります。

子宮収縮を起こし早産の危険性が高まります。自己判断で薬の服用を辞めることは厳禁で、病気が重篤化しない様に投薬治療は必要です。妊娠中の薬の影響が懸念されるのは妊娠4ヶ月までと言われていますが、その時期に胎児の心臓や神経系などの臓器が形成されるため、薬の影響による障害の可能性があるためです。

妊娠初期の治療が難しいのは言うまでもありませんが、症状に気づいたらすぐに専門医にかかり、適切な治療を受ける事が母体と胎児の双方にとって望ましいのです。

PR