妊娠中の喘息が悪化しやすい理由とは?妊娠中の喘息との正しい付き合い方
33views

妊娠中の喘息が悪化しやすい理由とは?妊娠中の喘息との正しい付き合い方

妊娠中の喘息は悪化しやすく、妊娠前に喘息を患ったことがない場合でも発症しやすいというデータがあります。妊娠喘息治療の注意点と、喘息の発作の不安を取り除き、赤ちゃんに悪影響を及ぼさない治療法についてご紹介します。

妊娠中に喘息を発症しやすい理由とは

妊娠中に喘息を発症しやすい理由とは

妊娠中の喘息が悪化しやすいのは、免疫力の低下が原因の一つです。また、妊娠そのものがストレスとなり、それが喘息を発症させる誘因となるケースもあります。その反面、もともと喘息を持っている女性が妊娠すると、症状が改善するケースもあるため、喘息と妊娠は関係が深いのです。

妊娠によって喘息が発症する理由として、気道を収縮させたり拡張させたりするそれぞれのホルモンのバランスが崩れる事にあります。妊娠によって分泌されるホルモンは、胎児を守るために活躍しますが、母体には有害となることもあるのです。

喘息の発作による赤ちゃんへの影響

喘息の発作による赤ちゃんへの影響

妊娠中の喘息の大きな問題は、胎児への悪影響を避けるためステロイド系の薬の投与ができないことにあります。妊娠すると薬の投与を避けたいのが人情ですが、実際は喘息をそのまま放置して薬治療を受けない方が、胎児に悪影響があるという研究報告もあります。

喘息の発作そのものが、胎児に悪影響を及ぼすことは言うまでもありません。最悪のケースでは胎内で赤ちゃんが酸欠状態に陥ってしまうことです。母体が酸欠なら、赤ちゃんにも酸素が行き渡らないため、母子共に健康であるためにも喘息治療は必須なのです。

一般的な妊娠中の喘息治療

一般的な妊娠中の喘息治療

最優先すべきは、喘息の原因となっているものを取り除くことです。ハウスダストやダニなどが原因である場合は、部屋の空気の入れ替えと徹底した掃除が大前提です。空気清浄器を設置するのも有効です。その上で薬による治療を行います。

投与方法は吸引によるもので、ステロイド薬を主使用します。重症と判断された場合は入院を余儀なくされることもあり、内服薬も併用します。酸素吸入や点滴を受けながらの治療が続けられることになります。自己判断で薬を拒否する事は、逆に胎児も母体をも危険に晒すことになるのです。

妊娠中の喘息予防法

8f49e5ddb63b9c29feee3fc1d4ad3ba6_s

妊娠中に喘息を発症しやすい事は知られているため、予防措置を取る妊婦も少なくありません。生まれてくる赤ちゃんのためにも、喘息の発症は避けたいものです。呼吸器科の医師に相談して、発作を予防する薬の投与を選択する事も出来ます。

薬による治療は、妊娠中は絶対に避けなければならないものだというわけではありません。必要ならば医師の判断に任せて薬治療を受けましょう。薬を避けたために喘息を悪化させた場合、最悪の場合早産の危険性もあるのです。悲劇を避ける意味でも、医師との連携を取って、最善の予防法と治療法を受け容れる事で、心の安定を手に入れる事ができるのです。不要な心配によるストレスから、症状を悪化させることだけは避けたいところです。

大切なことは適切な時期に適切な治療を受ける事です。喘息の兆候があるならば、躊躇わずに早期に治療を受け始める事が肝要です。絶対に避けなければならないことは、処方された薬の投与を自己判断で止めてしまうことです。医師の指示に従い、正しい用量を用法を守ることが、最終的には赤ちゃんを守ることになるのです。また、呼吸器科を受診する際には、妊娠していることを医師に伝える事を忘れてはいけません。妊娠中に投与してはいけない薬の処方を避けるためにも必要なことです。

PR