妊娠中の風邪で喉が痛い原因と対処方法とは?薬に頼らない民間療法の勧め
49views

妊娠中の風邪で喉が痛い原因と対処方法とは?薬に頼らない民間療法の勧め

妊娠中の風邪で喉が痛いのはホルモンが原因の一つです。免疫力低下で風邪をひきやすくなっている母体ですが、赤ちゃんのためにも薬の服用はなるべく避けたいものです。薬の服用をせずに治療する食材と加工方法をご紹介します。

妊娠初期の喉の痛みは風邪とは限らない

  妊娠初期の喉の痛みは風邪とは限らない

妊娠中の風邪で喉が痛い時に、薬を飲むべきかどうか悩ましいところです。つばを飲み込むのも辛いほどの痛みの場合、赤ちゃんのためにも早く治したいものです。

妊娠中に喉の痛みを訴えるケースは多いのですが、妊娠初期症状の一つで風邪との区別がつきにくいという問題があります。

妊娠初期の場合、胎児を免疫からの攻撃から守る為、免疫力を低下させるホルモンの機能が働きます。そのため風邪はもとより、様々なウィルスや侵入物に対して過剰反応してしまうのです。喉の痛みもそのためで、風邪なのか妊娠によるホルモンによるものなのかの見極めが大切です。

アレルギー症状と風邪の症状の違い

 アレルギー症状と風邪の症状の違い

症状だけでは区別がしにくいのが現状です。

妊娠によるアレルギーの場合、他にも妊娠初期特有の症状がある場合があります。例えば微熱が続いていたり、口内炎が出来たり肌荒れがあったり、胸が張って痛いなどの他、イライラしやすいなどの症状があれば、のどの痛みが妊娠初期の症状の一つである可能性があります。

症状が改善せず辛い状態が続く場合、主治医に相談し最適な治療を受ける事が望まれます。自己診断で無理をしないことも重要なのです。

薬を使わない予防と治療方法

薬を使わない予防と治療方法

もちろん、妊娠初期に風邪をひいて喉が痛い可能性もあります。

前述の様に妊娠中は免疫力低下により風邪にかかりやすいので、胎児への影響を考慮して薬を使わずに治療する方法を考える事か望まれます。喉に良い食材として挙げられるのが、はちみつとレモンです。

はちみつをお湯に溶かしてレモン汁を絞りいれることで、喉の粘膜の回復に効力を発揮します。大根の蜂蜜漬けも喉の痛みに良く効くので、昔から民間療法として知られています。

体を温める工夫はもとより、粘膜を守る食事は風邪の予防や治療に有効です。ビタミンCやビタミンAを豊富に含む食材を使って、温かい料理を作ることが望ましいでしょう。睡眠を十分にとることも免疫力をさらに低下させないためには重要です。

漢方薬なら大丈夫だと思われがちですが、漢方でも妊娠中の服用は避けた方がよいものが多いので、漢方薬の知識のある薬剤師に相談する事をお勧めします。

サプリメントを利用する方法もありますが、成分を良く確認して、妊娠中に飲んでも問題ないものだけを摂取する必要があります。見極めは素人には難しいため、できる限り自然の食材を利用した予防と治療が望ましいのです。

殺菌効果のある食材

殺菌効果のある食材

生姜には強い殺菌効果があるため、生薬として利用されてきました。初期の風邪には殺菌効果のある食材を積極的に摂取することで、風邪の悪化が抑制されます。

また、緑茶に含まれるカテキンも同様に殺菌効果がある上、ビタミンCを含んでいるため、風邪の予防にも効果があります。ただし、カフェインを含むため、あまり多飲する事はできません。妊娠中の緑茶の摂取量は決まりはありませんが、一日2杯を上限にした方が良いでしょう。

風邪の有効な予防方法

風邪の有効な予防方法

風邪に限らず、あらゆる病気は治療よりも予防の方が簡単です。

まずは風邪をひきにくい環境づくりが最優先でしょう。風邪をひく要因として考えられるのが、乾燥とウィルスです。外から帰ってきたときには手洗いうがいを徹底し、部屋は適度な湿度を保つ為、濡れたタオルを干したり、加湿器を取り付けると良いでしょう。

なによりも普段の生活が重要です。規則正しい生活のリズムは自律神経のバランスを保つことに役立ちます。充分な睡眠と栄養、首が冷えない様にすること、ストレスをためないことを心掛ける事が、病気から母体を守ってくれるのです。

PR