妊娠中の風邪に効く食事のレシピに注目!薬の代わりになる食事とは
15views

妊娠中の風邪に効く食事のレシピに注目!薬の代わりになる食事とは

妊娠中の風邪に効く食事は薬を飲めない妊婦にとってとても重要です。それでいて、免疫力が低下している妊婦は風邪をひきやすく治りにくいため、免疫が100%風邪治癒のために働ける様食事や生活習慣に気を付けなければなりません。風邪治療に効果を発揮する食事についてご紹介します。

妊娠中に風邪をひきやすい理由

妊娠中に風邪をひきやすい理由

妊娠は病気ではありませんが、お腹の中の赤ちゃんは母体にとっては異物です。

体内に異物が侵入すると免疫系統が働き、異物除去を始めます。私たちの体は免疫によって守られますが、そのために赤ちゃんが異物として攻撃され排除されては大変です。

妊娠中は免疫の力を弱める事で、赤ちゃんを守っているのです。免疫力の低下により、風邪をひきやすくなったりアレルギー反応が起きやすいのも妊娠中の特徴なのです。

では、妊娠中に風邪を引いた場合、どの様に対処すれば良いのでしょうか。

妊娠中はあまり薬に頼らず、弱った免疫力を総動員して風邪治療に当たるしかありません。そのためには、まず身体を温め冷やさないようにすることが重要です。

そのため、水分を摂取する際も冷たい水ではなく、白湯や温かい飲み物を飲む様に心掛け、睡眠をしっかりとって自律神経のバランスが崩れない様にすることも忘れてはいけません。

当然食事も暖かい食事が理想的です。風邪の予防に欠かせないビタミンCを多く含む食材を積極的に摂り入れ、粘膜の健康維持と回復をはかります。ハーブティーは効果的ですが、妊娠初期の場合、堕胎の危険性のあるミントティは厳禁です。

殺菌効果のある食材

殺菌効果のある食材

妊娠中の風邪に効く食事として、生姜を使った料理が効果的です。

生姜は体を温める食材だと言われていますが、実際にはそのまま食べても体を冷やす効果の方が高いことはあまり知られていません。生姜は乾燥させて摂取する事で、初めて体を温める効果を発揮するのです。

ではなぜ生姜が風邪予防に効果があると言われているのでしょう。

それは、生姜に含まれるジンゲロン、ショウガオールは強い殺菌効果があるからなのです。お寿司と共にガリを食すのも、生魚が傷んでいて菌が繁殖していたとしても、生姜の殺菌効果で食中毒を防ぐからなのです。同様に風邪の菌にも効力を発揮してくれる生姜は薬効のある食材として古くから生ものと一緒に食されているのです。

ビタミンAとβカロテンの栄養効果

ビタミンAとβカロテンの栄養効果

緑黄色野菜にはビタミンAが多く含まれると言われていますが、実際には体内でビタミンAに変換されるβカロテンを豊富に含んでいます。ビタミンAを多く含む食材は、レバーや肉類、牛乳、バター、卵などの動物性食品です。ビタミンAは粘膜を保護する効果があるため、風邪を引いた時に回復力が高まるため、積極的に摂取する事をお勧めします。

調理法も工夫が必要です。ビタミンAやβカロテンは脂溶性のビタミンですので、油と一緒に摂取しなければ効力を発揮してくれません。ですから、カボチャやピーマン、ニンジンは油で炒めることで効率よく栄養を摂取する事が出来ます。

ビタミンAを効率よく摂取する温かい食べ物として、緑黄色野菜たっぷりのシチューは風邪の治療に効果的です。ジャガイモに含まれるビタミンCは熱に強いため、具材にジャガイモを加える事をお勧めします。

三大栄養素

三大栄養素

私たちの体は炭素、水素、酸素、窒素などでできています。エネルギー源である三大栄養素も例外ではありません。免疫はタンパク質でできていますので、免疫力を高めるために良質タンパク質を摂取する事は風邪の治療に効果があります。

昔から風邪の治療として玉子酒が効果があることが知られていますが、卵のタンパク質とアルコールによる血行促進効果によるものです。卵や牛乳、魚ではイワシなどが必須アミノ酸を全て含んだ良質タンパク質ですので、妊娠中に風邪を引いた時には加熱調理して食べると良いのです。

PR