どうしたらいい?妊娠7ヶ月の体重の基準と、適切な管理方法とは
102views

どうしたらいい?妊娠7ヶ月の体重の基準と、適切な管理方法とは

妊娠中7ヶ月というのは、身体が比較的安定するために体重増加がしやすい時期でもあります。妊娠7ヶ月の体重増加は、標準体型の方で5~7kg増が良いとされています。食事管理や有酸素運動で体重を上手くコントロールすることが大切です。

油断しやすい妊娠7ヶ月

安定期と言われている妊娠7ヶ月というのは、妊娠期間中の中でも特に快適に過ごすことができる期間であるとされています。

多くの方が酷い悪阻が終了し、美味しく食事を楽しむことができるようになってきます。お腹も大きくなりすぎていないために、比較的まだフットワークも軽く、「出産前の今のうちに…」と外食に繰り出したりする方も少なくないようです。しかし、そんな油断からついつい食べ過ぎてしまうということから、妊娠7ヶ月の体重はオーバーしてしまうという方も多いのです。

油断しやすい妊娠7ヶ月

妊娠中に適切であるとされている体重増加は、普段の体重や体型によっても異なります。

標準体型の方であれば、出産までに8~10kgの増加が好ましいとされています。そのため、1か月に約1kg増を目安にするといいかもしれませんね。ですから妊娠7ヶ月時であれば、通常時の体重から5~7kg増で抑えることができるようになるといいでしょう。

上手に体重管理をする方法

体重を大幅に増やしてしまうのが炭水化物です。

しかしエネルギーになる炭水化物を大幅に減らしてしまうのは、妊婦さんにとってはとても危険です。

そのため、子ども用の茶碗を使用して見た目の満足感を得ることができるようにしたり、キノコなどを加えた炊き込みご飯にしてボリュームを出したりするといいでしょう。おかずを食べるときも、事前にプレートにおかずを盛り付けてから食べるようにすると、食べ過ぎを防ぐことができるだけでなく、バランスも考えて食べることができるのでオススメです。
上手に体重管理をする方法

妊娠7ヶ月になると、身体も安定してくるので、医師から特に止められていないのであれば、ウォーキングなどで身体を軽く動かすことをオススメします。ウォーキングは有酸素運動なので、無駄な脂肪を燃やしたり、食べ過ぎたカロリーを消費したりする効果があります。

また、このくらいの時期からよくウォーキングをして身体を動かす習慣をつけておくと、出産時に安産に繋がりやすいとされていますので、そういった意味でもウォーキングはオススメです。

最近人気なのはマタニティスイミングです。同じ妊婦さん同士で仲良くなるきっかけにもなり、また身体に大きな負担をかけることなく有酸素運動ができます。他にも、マタニティのエアロビやヨガなど、様々な教室がありますから、興味がある方は探してみるといいかもしれませんね。

過剰な体重管理にも注意

 

過剰な体重管理にも注意

近年では、体重増加に非常に厳しく言われる産婦人科も多いようです。

そのため、毎回の健診時の体重測定が苦痛で、必要以上に食事を抜いたりダイエットをしたりするという妊婦さんが増えてきています。もちろん過剰な体重増加は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群の原因にもなってしまうために危険です。

しかし、過度なダイエットや食事制限をしてしまうと、赤ちゃんに栄養が行き届かなくなってしまい、低体重の赤ちゃんが生まれたりと、赤ちゃんに何らかの影響を与えることになってしまいます。

体型が「肥満」にあたるのであれば医師による指導や、ある程度の食事制限も必要ですが、そうでなければそこまで神経質になる必要はありません。自分が通う産婦人科で、あまりに体重について厳しく注意され、それがストレスになってしまうようであれば、思い切って産婦人科を変更するのも手です。

妊娠期間中を健やかに気持ちよく過ごすことができるように、行動を起こしてみましょう。

PR