どんな影響が出る?妊娠中の鉄分不足の原因と、母子に与える影響
12views

どんな影響が出る?妊娠中の鉄分不足の原因と、母子に与える影響

妊娠中に起こる症状の中でも多いもののひとつが、鉄分不足です。妊娠中の鉄分不足の原因は、お腹の赤ちゃんを育てるために多くの血液が必要となるからであるとされています。鉄分不足を防ぐためには、普段の食生活を気を付けることがとても大切です。

妊娠中の鉄分不足はなぜ起こるのか

妊娠中に起こる症状の中でもよく挙げられるのが、鉄分不足です。

元々女性は、毎月起こる月経などが原因で血液が身体の外に出て行ってしまうために、男性に比べて血液の元となる鉄分が不足しやすいとされています。

しかし、妊娠中はそれ以上に鉄分不足になりやすくなってしまい、元々貧血気味であった方は妊娠をきっかけに症状がひどくなってしまい、健常であった方でも貧血になってしまうということがあります。

では、なぜ妊娠をすると鉄分不足になりやすくなってしまうのでしょうか。

なぜ妊娠をすると鉄分不足になりやすくなってしまうのでしょうか

血液というのは、私たちの身体に栄養を行き届ける役割があります。それはお腹の中の赤ちゃんも同様であり、お腹の赤ちゃんを育てるためには血液が必要不可欠となります。そのため、お腹の赤ちゃんの身体を作り上げるために、母親の血液はどんどん赤ちゃんに使われるようになってしまうのです。

また、それに加えて妊娠中に悪阻が起こり、悪阻の影響で必要な栄養素を摂取することができなくなり、栄養不足の状態になりやすくなります。その結果、より鉄分不足が加速していってしまうことも多いのです。妊娠中は、普段の1.5倍の鉄分が必要であると言われています。

そのため、いつもよりも積極的に鉄分を補給することができるように努める必要があるのです。

妊娠中に鉄分不足が起こるとどうなるのか

鉄分が不足すると、身体に様々な症状が現れます。

よく聞かれる症状としては、めまいや立ちくらみなどが挙げられますが、それ以外にも様々な症状があります。疲れやすくなってしまったり、動悸や息切れがしやすくなったり…。アザや湿疹などの皮膚症状もよく出やすくなりますし、何より風邪をひきやすくなったりと体調を崩しやすくなります。

妊婦になると、体調不良になっても簡単に薬を飲んで治療をすることができなくなりますし、妊娠状態で立ちくらみを起こして転んでしまっては危険です。

妊娠状態で立ちくらみを起こして転んでしまっては危険です

鉄分が不足すると、母体には色々と影響を与えてしまいますが、お腹の赤ちゃんに直接的に大きな影響を与えることは少ないとされています。なぜなら、母体の栄養素は、優先的に赤ちゃんへと吸収されていくからです。悪阻などで充分な影響がとれなくても、基本的にお腹の赤ちゃんには大きな影響が無いとされているのは、このためなのです。

しかし、前述したように鉄分不足によって貧血状態になり、転んでしまってお腹をぶつけてしまったり、体調を崩してしまったりして、間接的に赤ちゃんへ影響を与えてしまう可能性があります。ですから、鉄分不足を放置したりせず、少しでも解消することができるように努めることが大切です。

妊娠中の鉄分不足を防ぐためには

妊娠中の鉄分不足を防ぐためには、なんといっても食事の内容に気を付けることが大切です。

鉄分が含まれている食材は色々ありますが、同じ鉄分でも「非ヘム鉄」と呼ばれる種類の鉄分を摂取することが良いとされています。非ヘム鉄は、小松菜やヒジキ、納豆といった植物性の食品に含まれています。反対にヘム鉄はレバーや赤身肉といった動物性の食品に含まれています。

ヘム鉄の食品を摂取するのももちろん良いのですが、過剰摂取することで皮膚障害や骨密度減少を引き起こす可能性のあるビタミンAが豊富に含まれているため、安全性を考えて非ヘム鉄の食品を摂取することをオススメします。非ヘム鉄の食品は、ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率を高めてくれます。
妊娠中の鉄分不足を防ぐためには

鉄分は、本来食品から摂取するのが最も良いとされていますが、悪阻などで思うように食事ができないという妊婦さんも多いのではないかと思います。そんなときは、サプリメントを使用するのも一つの手です。

ただし、サプリメントを使用する前に、妊婦でも安心して使用することができるものであるかを、医師や薬剤師などの専門家によく相談してから使用するようにしましょう。また、妊婦健診時に医師に相談すれば、鉄分を補給できるサプリメントや薬を処方してもらえることもあります。

自己判断だけで色々試してみるようなことは避けましょう。

PR