妊娠した時のジャンクフード欲求の正体は栄養不足かも?!
5,179views

妊娠した時のジャンクフード欲求の正体は栄養不足かも?!

妊娠した時の食事はできるだけ良いもの、健康的なものを食べなければいけないことは誰でも知っています。しかし、頭ではわかっていても、ついつい良くないものを食べたくなるときがあります。その原因は不足している栄養素が引き起こす、偽の食欲である可能性が高いようです。

妊娠した時の食事には気をつけることがいっぱい

妊娠したら気をつけなけばならない食事のポイントがたくさんあります。例えば、カフェインやアルコールはダメ、マグロなどの大魚は量と頻度を控える、生ガキは控える、そのほか、栄養のバランスには気をつけるなど、細かく挙げればまだまだあります。しかし、基本的には嗜好品を除いて、一般的な食事は普通に食べて良いと言われています。

妊娠中に理想的な食事

妊娠中の食事

妊娠中は昔ながらの一汁三菜が理想と言われています。

こんなものが食べたいときはどうする?!

妊娠中に食べてはいけないもの、避けたほうがよいもの、控えた方が良いものなど多くあります。もしも妊娠して食べたいものが体に良いものに変わってくれたら、こんなに簡単なことはありません。
しかし、得てして妊娠中にあまり食べない方が良いと言われてるものを無性に食べたくなることがあります。
そのようなときには、どのように対処すればいいのでしょうか?
また、そのように出来れば食べない方がいいものを食べたい原因は何なのでしょうか?

【1】カフェイン

コーヒー、紅茶、緑茶、ココアなどカフェインの多い飲み物を飲みたいときは、三年番茶に梅干しを入れて飲みましょう。実はカフェインを摂りたいのはミネラル不足と塩分不足が原因のことが多いからです。
そのため、妊娠中に飲んでも安全な三年番茶に塩分の高い梅干しを入れることでカフェイン欲求を抑えることができるようになります。

【2】アルコール

妊娠中の食事でアルコール

飲んではダメ、と言われると飲みたくなるのがアルコールです。アルコールを飲みたくなったら、白湯やガス入りウォーター(無糖の炭酸水)にレモンを絞って飲むことをお勧めします。アルコールが飲みたくなる場合は、口寂しいときかストレスが大きいときです。
このようなときに必要なのは運動す。散歩や体幹ストレッチ、あるいはヨガなど全身の血行がよくなる運動でアルコール欲求をなくすことができます。

【3】スナック菓子や揚げ物

妊娠中にジャンクフード

 

酸化した油やしょっぱいものが食べたいというとき、その原因はビタミン、ミネラルが不足しているときです。とくに葉酸が不足しているときにも見られるスナック菓子を食べたい欲求を満たすためには、ゆでたアスパラガスや枝豆、アボカドを食べることをお勧めします。
お好みで塩や醤油をかけて美味しく塩分を補給してください。このとき、精製された塩よりも天然塩、自然塩を摂取しましょう。あとからミネラルを添加した塩もあまりお勧めはしません。

妊娠中の味覚の変化

妊娠中の味覚の変化についてはホルモンバランスの影響であること、以前の悪癖がぶり返すなどと言われています。しかし、その多くは普段の栄養不足が食べ物の嗜好となって表れやすくなったに過ぎません。
意思の弱さや母としての自覚という問題ではなく、どんなものが食べたくなるのか、という傾向から不足している栄養素を知り、適切な対処が有効です。

【4】菓子パンやチョコレート

菓子パンやチョコレートなどの甘いものがやめらない場合、その原因は鉄分やビタミンB群の栄養が不足していることが考えられます。この場合、菓子パンやチョコレートを食べるとますます鉄分やビタミンは不足し、菓子パンやチョコレートがもっと食べたくなる、という悪循環になってしまいます。
この悪循環を絶つためにはドライフルーツとナッツで鉄分、ビタミン、ミネラルを補給してあげましょう。ドライフルーツやナッツは砂糖や油、塩がまぶしていないもの、ドライフルーツなら日光で乾燥されたもの、ナッツであればローストされていない生のものがお勧めです。
おすすめはデーツや干し柿、プルーン、イチジク、ナッツなら生アーモンドですが、自身が美味しいと思えるものを食べることが続けられるコツです。

【5】異常な量の白米やパン

妊娠中の食事

妊娠中は精製された白米やパンを控える方が良いのですが、一般的な量を食べる分には問題ありません。しかし、一回の食事で2合以上の白米を食べたり、1斤のパンを食べるのは食べ過ぎでしょう。
このように異常な量の白米や白いパンを食べる原因は良質な油不足が原因です。サラダにオリーブオイルやセサミオイルなどをかけて、ナッツなどと一緒に多くの脂質を摂取することで精製された炭水化物の異常な欲求が緩和されるでしょう。

健康なときは健全な食べ物が美味しい

妊娠中の食事

栄養不足が解消されれば、自然と体に良い食べ物が美味しいと思うようになります。

PR