妊婦は涙もろいのは普通のこと!情緒が不安定になります!
76views

妊婦は涙もろいのは普通のこと!情緒が不安定になります!

妊婦は涙もろいのは、妊娠によってホルモンのバランスが変わるため、情緒が不安定になります。ちょっとしたことで涙が思わず出てしまったり、将来のことを不安に感じることもあるでしょう。また精神的にイライラしたり、感情的になってしまうこともあります。精神的に不安定なときは、リラックスして過ごすことも大切です。

妊婦は涙もろいのは何故?

マタニティブルーってどんな症状なの?

妊婦は涙もろい原因は、マタニティーブルーにあります

妊婦は涙もろい原因は、マタニティーブルーにあります。マタニティーブルーというのは、妊娠中に精神的に不安定になり、涙もろくなってしまったり、ちょっとしたことでイライラしたり、無性に腹が立ってしまったり、不安に感じたりすることです。

いつも見ているテレビドラマなのに、何故か無性に悲しい気持ちになってしまったり、日常生活のちょっとしたことで、急に涙が出てしまったりすることもあります。涙が出る以外にも、将来が不安に思えてきたり、赤ちゃんを無事に産むことができるだろうかなどと、将来のことが急に心配になってしまうこともあります。

このように精神的に不安定になってしまうのは、妊娠によってホルモンバランスが変わってしまうため、視床下部のコントロールがうまくいかなくなり、情緒不安定になるのです。

マタニティーブルーの時期は人によって違う

マタニティーブルーの時期は人によって違いがあります

マタニティーブルーの時期は人によって違いがあります。妊娠中になる方もいれば、出産後になってしまう方もいます。ちなみに出産後になる場合は、産後うつと呼ばれています。

妊婦中に涙もろいのは一時的なものです

妊婦中に涙もろいのは一時的なもの

妊婦中に涙もろいのは一時的なものなので、時間が解決してくれます。あらかじめ、マタニティーブルーの症状について、身近な人に説明しておくとよいでしょう。家族にサポートしてもらいながら、精神的に不安定になる時期を乗り越えていきましょう。

マタニティーブルーの時期は家事も手を抜いて!

マタニティーブルーの時期は、思い切って家事も手を抜きましょう。料理する気分になれないのであれば、たまには出来あいのお惣菜などを買ってきたり、掃除などは家族にお願いしてみるのもよいでしょう。

完璧主義の人がなりやすい傾向が!

マタニティーブルーになりやすい人とは?

マタニティーブルーになりやすい人は、完璧主義の人です

マタニティーブルーになりやすい人は、完璧主義の人です。

また真面目な性格であるほど、かかりやすくなります。妊娠中は、やはりどんなに心の健康な人でも、お腹の赤ちゃんのことや、今後の生活のこと、出産や子育てのことなど、将来のことが急に不安になってしまうものです。そのため、いろいろと考えてしまう傾向の方ほど、マタニティーブルーになりやすいのです。

大らかな気持ちでリラックスして過ごそう

できるだけリラックスした状態で過ごすように

000068750037 / katya_alagich https://www.flickr.com/photos/katya_alagich/8433908115/

マタニティーブルーの期間は、できるだけリラックスした状態で過ごすようにしましょう。自分の好きな音楽を聞いてみたり、テレビを見るなどして、大らかな気持ちで過ごしていきましょう。

マタニティーブルーが長引くときは

長引くときは病院へ

マタニティーブルーが長引くときは、思い切って病院の先生に相談してみましょう。妊娠中、精神的に不安定な状態が続くと、お腹の中の赤ちゃんにも影響があります。産婦人科医の先生や精神科の先生に診てもらいましょう。

漢方なら安心です

妊娠中のマタニティーブルーは、精神薬などの薬を服用すると、薬の害が胎児に影響する場合があります。

そこで、漢方でなおしましょう。産婦人科では、漢方を処方してくれる病院もありますので、かかりつけの病院で相談してみるとよいでしょう。妊娠中によく処方される漢方には、甘麦大棗湯や温胆湯があります。

PR