どうすればよい?妊娠でワキの黒ずみ対策法
13views

どうすればよい?妊娠でワキの黒ずみ対策法

妊娠をすると、ワキの黒ずみが気になったり、乳首の黒ずみが気になるという妊婦さんは多いようです。妊娠をするとどうして黒ずんでくるのでしょうか?妊娠でワキや乳首などが黒ずむ原因と、妊娠でワキの黒ずみ対策方法、乳首の黒ずみ対処法などについてご紹介しましょう。

妊娠でワキの黒ずみが出るのはなぜ?

妊娠をしてふと鏡を見ると、「ワキの黒ずみがすごくなっている」、「乳首が黒ずんでいるような気がする」などといった悩みを抱える妊婦さんは多いようです。

妊娠でワキの黒ずみ対策や黒ずみの原因についてみていきましょう。

女性ホルモンが関係する妊娠中の黒ずみ

他人に相談をすることってなかなかできませんよね

妊娠をしてから、ワキや乳首が黒ずんでいるなと感じても、他人に相談をすることってなかなかできませんよね。妊娠中のワキの黒ずみや、乳首・デリケートゾーンの黒ずみはなぜ起こるのでしょうか?

妊娠4週をすぎたころから、乳首やワキの黒ずみが起こってきます。なんだか茶色っぽくなってきたなと感じる方や、肌にシミが増えたなと思われる方もいらっしゃいます。これは、女性ホルモンが関係しています。

妊娠をすると、おなかの赤ちゃんを育てるためにホルモンのバランスが変化します。

妊娠を保つために出されるのが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。これら2つの女性ホルモンは、増加することによって、メラニン色素の色素細胞を刺激して、メラニンを増やしてしまいます。

メラニンが増えることによって、色素が沈着しやすくなって、ワキや乳首の黒ずみが目立ちます。特に、ワキや乳首、デリケートゾーンはメラニン色素が多量にあり、黒ずみが目立ちやすい部分です。

妊娠でワキの黒ずみ対策方法

妊娠生活が終了すると、自然と黒ずみが解消されていきます

ワキや乳首、デリケートゾーンの黒ずみ対処法ですが、妊娠が終わるまで待つことです。

お腹の赤ちゃんを出産し、妊娠生活が終了すると女性ホルモンのバランスが戻るため、自然と黒ずみが解消されていきます。乳首の黒ずみは、赤ちゃんが乳首を見つけやすいように、授乳中は黒ずんだままのことが多いですが、授乳を終えると元の肌の色に戻っていくでしょう。

ただ、元に戻るのにも個人差があり、妊娠前と同じような肌の色に戻らず、黒ずみが目立つという方もいらっしゃいます。そのような方へ、出産後のケア方法についてご紹介しましょう。

【紫外線ケア】

タンクトップやキャミソールなど、ワキの部分に紫外線があたるような服で出かける時には、紫外線対策をしっかりとすることが大切です。日焼け止めを塗ったり、日傘を使ったりして、紫外線を直接浴びないようにしましょう。

【やさしく洗うこと】

お風呂でワキの部分を洗うときには、ゴシゴシと皮膚をこすらないようにすることが大切です。

肌をこすることによって、皮膚が傷ついてしまいます。肌をこすることで、肌の防御機能が働きメラノサイトが作られてしまいます。体を洗うときは石鹸で泡立てて、その泡でやさしく包むようにして洗いましょう。

【保湿ケア】

肌の保湿をすることによって、お肌の生まれ変わりが促進します。ターンオーバーを正常にするために、お風呂に入ったあとは、ボディクリームで保湿をすることが大切です。

【美白成分配合のスキンケア】

メラニンを抑制する、美白成分が入ったスキンケア商品を使うことも大切です。ビタミンC誘導体の入った化粧水でパッティングして、ワキの黒ずみを対処しても良いでしょう。

メラニンを抑制する、美白成分が入ったスキンケア商品を使うことも大切

上記のような対策を行っても、なかなか黒ずみが解消されない場合は、美容クリニックなどでレーザー治療をする方法もあります。

その場合は、どのくらいの期間通わなければいけないか、どのくらいの費用が掛かるのかをカウンセリング時に確認することが大切です。

PR