意外と身近なものだった!妊婦の10%以上が”妊娠糖尿病”に!!いったいどんな病気なの?
265views

意外と身近なものだった!妊婦の10%以上が”妊娠糖尿病”に!!いったいどんな病気なの?

「妊娠糖尿病」って聞いたことありますか?文字通り妊娠中の人がなる糖尿病なのですが、意外にもなる人が多い病なんだそう。いったいどんな病気なのか、その症状や胎児への影響、そして治療方法をチェックしていきます!

「妊娠糖尿病、まさか自分がなるわけないよ!」って思っている人が大半だと思いますが、実は妊婦さんの10%以上がなるとされている病気なのです。いったいどんな病気なのかしっかりみていきましょう!

妊娠糖尿病とは?

bac055fa1bb2cd83152e27d9e9ba7480_s

妊娠前には見られなかった血糖値の上昇が妊娠後確認され、”糖尿病を発症する”ことをいうそうです。

血糖値の上昇はなぜ起こるのか?

妊娠すると胎盤でホルモンを産生しますが、実はこのホルモンが血糖値の上昇を促してしまう働きをするんだとか。そしてその状態が続き妊娠中期以降にインスリン自体が効きにくくなる体質となってしまい血糖値が上がりやすくなってしまうんだそうです。

この状況を正常な妊婦の人は膵臓(すいぞう)から多くのインスリンを分泌することで血糖値の上昇を食い止めるのですが、それができない妊婦さんでは、血糖値の上昇という形になり、”妊娠糖尿病”となってしまうんだそうです。

他にも血糖値上昇を食い止めるには「ブドウ糖」が必要なのですが、妊婦さんは胎児を育てていますよね!そこで胎児に体内のブドウ糖を送っているので余計にブドウ糖が不足してしまうのだそうです。

実は妊婦さんは糖尿病になりやすい体内環境になっているのですね!

こんな人は”注意”が必要!

014293

身内に糖尿病や糖尿病予備軍の人がいる人は注意が必要です。他にも体重が重い人、尿糖陽性、巨大児の出産の経験がある、高齢出産である、このような人たちは妊娠糖尿病になるリスクが高いとされているので、かかりつけの医師に相談したほうがいいようですよ。

どうしたら妊娠糖尿病がわかるの?

かかりつけの産院で妊娠糖尿病の「スクリーニング検査」を受けてください。

妊娠初期の段階で血糖を計ると思いますが、そこで(-)でもインスリンが効きにくくなってくる中期以降ホルモンが効きにくくなるため、妊娠中期(24〜28週)検査を受ける必要があるようです。

妊娠糖尿病と診断されたらどうしたらいいの?

一般的には食事療法が用いられるようです。具体的な例を挙げると「おやつに食べている甘いものを減らし、口さみしいときはプレーンのヨーグルト(無糖)を食べたり、小魚などで紛らわす。」「魚を取り入れ、揚げ物など脂っこいものは控える」「塩分の量を減らす」「食事はゆっくりと食べるようにして満腹感を早々に得られるようにする。」といった感じです。なんだかダイエットみたいですね。でもダイエットのように控える過ぎて栄養が足りなくなってしまうと今度は「ケトン」が出てしまい、それこそ胎児に影響が出てしまうので、気を付けてくださいね。

他には手軽に取り入れられるのは「運動療法」です。あくまでも妊婦なので激しい運動はすることはできませんが、ウォーキングをしてみたり、医師のOKが出ればマタニティスイミングなどしてみるのもいいかもしれませね!

血糖値が明らかに高い人には「インスリン」の投与が考えられます。これはしたくない!と思う人もいると思いますが、しっかりと血糖値を管理し、そしてインスリンを的確に投与することで身体への負担はもちろん胎児への悪い影響も軽減できます。医師からの判断があったときは受け入れて取り入れたほうがいいと思いますよ!

最後に

妊娠糖尿病になった人は将来糖尿病になるリスクが7倍以上高いとされているそうです。なので出産後も定期的な健康診断などを受診して、身体のメンテナンスも忘れないようにしてくださいね!

PR