赤ちゃんが欲しい人も妊娠中の人も要注意!葉酸が足りないとどうなるの!?
87views

赤ちゃんが欲しい人も妊娠中の人も要注意!葉酸が足りないとどうなるの!?

妊娠したい!赤ちゃんが欲しい!と願っている人も、既に赤ちゃんがお腹にいる人も、赤ちゃんを産んだママもみんなが必要としている栄養素「葉酸」。どうして葉酸は女性の体には必要なのでしょうか。また、葉酸が足りないとどういったことが起こるのでしょうか?葉酸欠乏症などを交えて、葉酸の大切さをまとめました。

そもそも葉酸についてきちんと理解していますか?

そもそも葉酸についてきちんと理解していますか?

妊娠するといきなり出てくる重要ワード「葉酸」。今まであまり聞いたことがなかった栄養素なのに、妊娠することでいきなり重要なワードになって出てきます。では、葉酸を沢山摂りましょうとは言うものの、どうして葉酸が必要なのかをきちんと理解していますか?葉酸が足りないとどういった影響が及ぼされるのでしょうか?

まずは、葉酸がどういったもので、どういった食材から摂取することが出来るのかについて調べてみましょう。

葉酸とは葉っぱから摂れるビタミンです

葉酸とは葉っぱから摂れるビタミンです

葉酸という名前の通り、葉酸は食物の葉っぱに含まれている栄養素です。葉酸はビタミンB群のひとつです。ビタミンBの一種ですが、葉酸は熱に弱く、加熱をすると、生のままで摂取するのと比べて栄養素が半減してしまうと言われています。

どういった食べ物に含まれているの!?

どういった食べ物に含まれているの!?

葉酸が多く含まれている食物としてすぐに浮かぶのは、ほうれん草ではないでしょうか。

また、同じ緑の野菜では、ブロッコリーやアスパラガスなども多い食物です。また、含有量としては、鶏、牛や豚のレバーも葉酸が多い食物として挙げられます。ただし、前述の通り、熱を通してしまうと、失われてしまう栄養素ですので、生のレバーを食べることは難しく、摂取するのに大変だとも言われています。

葉酸はどうして妊婦さんが摂取しなければならないの?

妊娠すると積極的に摂取するようにと言われる葉酸。お腹の中の赤ちゃんの脳の発達に影響を与えるのです。葉酸をきちんと摂取しないことによって、赤ちゃんの脳の発達に重要な細胞分裂がきちんと行われなくなってしまう可能性が高くなるのです。

そうなると、赤ちゃんは先天性の障害を持ってしまったり、無脳症となってしまう可能性が高くなってしまうのです。また、もう一つの原因としては、赤ちゃんが悪性貧血になりやすくなってしまうのです。

赤ちゃんだけではない!ママになりたい女性にも!

葉酸はビタミンの栄養素です。

この葉酸が足りないと、きちんとした細胞を生成する力が衰えてきてしまいます。妊娠を希望している女性にとって、つねに新しい細胞を生みだすことは重要なことです。また、葉酸をきちんと摂取することによって、子宮が丈夫になるとも言われています。赤ちゃんを待っている女性にとって、自分の体がいつでも妊娠できる状態に整えておくことは非常に大事なことですよね。

葉酸欠乏症について知ろう!

葉酸欠乏症について知ろう!

ここのところ、食生活の変化に伴って、ビタミンの摂取量が減ってきてしまっているのは事実です。そこで、葉酸をきちんと摂れていない場合には葉酸欠乏症ということになってしまうこともあります。では、葉酸欠乏症とはどういったものなのでしょうか?

葉酸欠乏症の症状について

葉酸欠乏症は、その症状は貧血と同じ症状となります。ですから、最初はだるさや疲れやすい、などの症状が現れてきますが、次第にめまいのようになってきたりします。貧血に似ているので、鉄分を摂れば良いのかと思われがちですが、実際には葉酸が足りていないということになります。

葉酸欠乏症になると怖い悪性貧血

悪性貧血になると、常に、新しい酸素が体内を循環しずらい環境となってしまっているのです。ですから、妊娠中であれば、赤ちゃんに新しい酸素を送られずらくなっているために、赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうだけではなく、悪性貧血は遺伝しやすくなってしまうため、生まれてくる赤ちゃんも悪性貧血となってしまう可能性があるのです。

無理せず摂取しよう

葉酸は大切な栄養素です。摂取しなければならない量は多いのですが、そればかり考えてしまっても、それはストレスになってしまいます。ですから、食べ物だけではなく、葉酸を謳ったサプリメントを摂るようにするなどして、無理のないように摂取するように心掛けましょう。

PR