マタニティハイで友だちが減る!妊娠中のハイテンションに要注意
369views

マタニティハイで友だちが減る!妊娠中のハイテンションに要注意

マタニティハイを知っていますか? マタニティブルーよりは良いだろうと思いがちですが、実は友人関係や職場の人間関係に影響するのでちょっと注意が必要です。 マタニティハイの症状やどんなことに気をつけたら良いのが紹介します。

マタニティハイって知ってますか?

最近SNSを賑わせていると聞くのが「マタニティハイ」の妊婦さんたち。

少し前までマタニティと言えば「マタニティブルー」だったはず。 マタニティハイとはいったいどんな症状なのでしょうか? その注意点やマタニティハイの妊婦さんへの対応について紹介します。

マタニティハイってどんなの!?

マタニティハイになるのはなぜ?

マタニティハイとは妊娠中におこるハイテンションの状態を言います。 産後ハイというのもあって、それは出産後のハイテンションの状態を言います。

つまり、マタニティハイとは出産までの限られたときに見られる期間限定の状況というわけです。

原因は、妊娠によるホルモンバランスの変化が影響していると考えられていますが、それだけではなく妊娠した喜びによるものや、体の変化を感じることよによるもの、周囲の環境の変化によるものなど、妊娠に関連して気分がハイになっている状態を広く指し示していると思われ、なかにはもともとの性格的なものと思われる事例も含まれているので面白いです。

マタニティハイのあるあるを調べてみると、待ち望んでいた期待値が高いこともあり、高齢出産が増えていることとも無関係とはないように思います。

マタニティハイで友だちが減る

マタニティハイは特に友人関係と職場の人間関係に影響が大きいようです。

身内であればすんなり受け入れられる喜ばしい出来事であることも、他人にはマタニティハイによって嫌な気分になる人も…。 ホルモンバランスの変化のせいとは言え、友だちが減るような事態は避けたいものですよね。

妊娠・出産は、みんな喜ばしいことと思っています、思っていますが、赤ちゃんを授かる幸せをおすそわけ〜、というわけにはなかなかいかないものだと覚えておくと良いでしょう。

知らず知らずのうちに相手を傷つけていたり、もうおなかいっぱいと思われていいたり、中でも一番のNGは「妊婦はなんでも許される的な態度」で、そう思われたら最後、敵を作ることになります。
他人には嫌な気分になる人も…

相手の立場になって発言を考えよう

マタニティハイで気をつけたいのがなんといってもその発言。

相手のこと考えなしの発言に批判が集まっています。 注意したいのが、SNSへのコメントや写真の投稿も含まれることです。「今ならわたしの赤ちゃんとタメになれるよ」、「早く妊娠したほうがいいよ」などは絶対に言ってはいけません。

つわりなど妊婦の大変さを延々と語ったり、赤ちゃんに関する話題だけになっていたり、赤ちゃんの性別のことで文句を言ったり、どれもやりがちなことですが、少し冷静になって話題を選びましょう。中には、人には言いませんが不妊治療をしている人も流産してしまった人もいます。

相手の立場になって発言を考えよう

職場で気をつけたいマタニティハイ

赤ちゃんのために、お金をたくさんかけるというマタニティハイもあります。

アクティブにあれやこれやイベント事に出かけたり、洋服をたくさん買い込んだり…。 これらは身内に負担のかかるマタニティハイですね。

オフィスで気をつけたいマタニティハイもあります。 無意識にお腹を撫でる、お腹の赤ちゃんに話しかける、洋服での妊婦アピールなどです。 今後、仕事を同じようにこなしていくのは難しくなってくるわけですし、育休中は代わりを務めてくれる同僚がいるのです。 妊婦だから当たり前の権利を主張されると周りがつらいです。

マタニティハイの対処法

もしかしたら、読んでいる妊婦さんの中に、これ今の自分だ!と思った人がいるかもしれません。

これからお母さんになるとさらにたくさんの気遣いが必要な世界です。 お母さんになる練習としてマタニティハイを少し冷静に受け止め、周囲に配慮のできるすてきな妊婦さんを目指しましょう。

マタニティハイを共有できるプレママ友を見つけるのがおすすめです。 なによりおなかの赤ちゃん第一で、ハイテンションの状態で無理な行動をして体に負担がこないようにしたいものです。

もし、まわりにマタニティハイの人がいて不快に思っているという方は、ブルーになるよりハイの方がいいと、ここはスルーしたいところですが、無理な場合はその方が出産するまでの少しの間距離を置くのもありです。

また、他の人にもあることをマタニティハイのせいにして影口を言われるのは悲しいことですから止めましょう。

周囲に配慮のできるすてきな妊婦さんを目指しましょう

PR