お腹の赤ちゃんが病気!?どうして?私のせいなの?胎児水腫の原因
121views

お腹の赤ちゃんが病気!?どうして?私のせいなの?胎児水腫の原因

現代医学では、お腹の赤ちゃんの状態が超音波ですぐにわかります。なので病気であれば治療できるものも多くあり生存率も上がっています。その中でもきわめて発症率の低い胎児水腫の原因、治療方法、対処方法についてのまとめです。

胎児水腫

どういう病気なの

どういう病気なの

お腹にいる赤ちゃんが疾患する病気です。疾患率は全体の0.6%という低い確率で症例が少ない分情報が少ないのです。

胎児の状態で水ぶくれが発症し色々な場所に水が溜まってしまいます。

その主な原因

血液型の違い

血液型の違い

この病気についての情報は発症率の低さから少ないのですが、その中でも、お母さんと赤ちゃんの血液型が違ういわゆる血液型不適合妊娠に多く発症することがわかっています。

胎児水腫の原因が血液型の違いによるものであれば、現在は治療法が確立しています。

先天的

他の病気と併発するようにこの症状がみられることが増えています。(心臓、染色体の異常など)

一卵性双胎にもこの病気の発症がいくつか上げられています。

薬による発症

薬による発症

妊娠中に解熱剤やアスピリン、鎮痛剤などを必要以上に服用することによって発症することも確認されています。日本ではほとんどありませんが、海外では妊婦の麻薬多量摂取によって発症することもあります。

この後どうすればいいの?

胎児水腫と診断されたら

胎児水腫と診断されたら

悲しいけれど、この病気が判明した時点で、お腹の赤ちゃんは心不全状態にいることがほとんどです。

特に何かママのせいであるわけでなく、このまま育つことができずにお腹の中で死んでしまったり、生まれてもすぐに亡くなってしまうことがほとんどです。

でも、不整脈が原因でこの病気を発症した場合は、お母さんの不整脈治療により赤ちゃんの症状が改善することがたまにあります。

ちなみに

お腹の赤ちゃんにむくみがある、といわれてもその浮腫み大きさが4mm以上あったとしても正常である可能が7割ほどあります。

予防方法は?

りんご病のリスクを減らす

りんご病のリスクを減らす

赤ちゃんを妊娠中にお母さんがこの病気に疾患してしまうと、高い確率で赤ちゃんが胎児水腫にかかってしまうことがわかっています。

治療成功例

ゼロではありません

ゼロではありません

その主な原因がママと赤ちゃんの血液型によるものやママの不整脈によるもの、また胎盤などによるものと原因は多岐にわたっていますがその原因により治療方法があり成功例もあるのです。最後まで望みを捨てないで!!

治療が成功した赤ちゃんもお母さんもその後問題なく生活している人もいます。

悲しい決断、結果を迎えたとしても

ママのせいじゃありません

ママのせいじゃありません

妊娠中の検診にて胎児水腫がわかった場合、少なくない人が悲しい結果を迎えることになりますが、お腹の赤ちゃんはあなたに健康、そしてこれからの過ごし方を教えてくれるためにやってきたのです。

自分を責めないで、また新しい命を向かえ、今度は腕に抱けるよう自分の体と心を大切にしましょう。

とにかく出来ることはしておきましょう

空気消臭殺菌装置

空気消臭殺菌装置

お家の全部にとりつけたり、外出時に首からぶら下げる訳にはいきませんが寝室においておくだけでも色々な病気のリスクを減らせますし、アレルギーにも効果ありです。

ハーブティ

ハーブティ

この病気の原因はママのせいではありません(明らかな薬の過剰摂取や飲酒、喫煙は別ですが)持って生まれた赤ちゃんの寿命でもあるのです。

いたずらにくよくよすることはとにかく体によくありません、運を赤ちゃんの生命力にかけて、ママは赤ちゃんが過ごしやすいようできるだけリラックスして過ごすことです。妊婦さんようにブレンドされたハーブティは鉄分やカルシウムが豊富でリラックス効果も高いので是非!

PR