血液検査でダウン症が分かる!流産のリスクもなし!保険は?
70views

血液検査でダウン症が分かる!流産のリスクもなし!保険は?

血液検査でダウン症が分かる「無侵襲的出生前遺伝学的検査」というものがあります。2012年に始まったばかりの先進医療で、現在のところ日本ではいくつかの大学病院などでしか実施されていません。採血するだけで分かるため羊水検査のような流産のリスクがなく、今後普及していくと予想されています。

血液検査でダウン症が分かる!流産のリスクもなし!保険は?

高齢出産で一番気がかりなことと言えば、お腹の赤ちゃんに障害がないかどうかではないでしょうか。中でも、年齢が上がるにつれてリスクが高くなるダウン症については、高齢でなくても気になるところです。

従来の羊水検査では出産前にお腹の赤ちゃんがダウン症かどうか判別できるものでした。しかし、羊水検査は流産のリスクがあり、決断できない妊婦さんも多くいました。

そんな時、開発されたのが無侵襲的出生前遺伝学的検査です。いわゆる血液検査のことで、これだけで染色体異常かどうかが判断できます。

無侵襲的出生前遺伝学的検査を知ろう

無侵襲的出生前遺伝学的検査って?

無侵襲的出生前遺伝学的検査って?

無侵襲的出生前遺伝学的検査とは、長いですし難しい名称ですね。

これは、染色体に異常がないか調べる検査で、血液を採るだけで分かります。羊水検査は子宮に針を刺して羊水を吸い、その液体中にある胎児の細胞などから染色体や遺伝子に異変がないかを調べるものだったので、妊婦さんに負担がかかるどころか、胎児への影響、流産のリスクなどもあり、検査に踏み切れない妊婦さんは決して少なくありませんでした。

ところが、この無侵襲的出生前遺伝学的検査では、採血するだけで検査できるため、妊婦さんへの負担がほとんどなく、かつ流産の危険もなくなりました。

これにより、晩産化する昨今において女性や家族にとって選択肢が増え、その後の人生までも変えるほど大きな成果をもたらしています。

無侵襲的出生前遺伝学的検査で分かること

無侵襲的出生前遺伝学的検査で分かること

無侵襲的出生前遺伝学的検査は、アメリカのシーケノム社が開発したもので、日本では簡易的に新型出生前診断などと呼ばれています。この検査で分かることは、13トリソミーと18トリソミー、21トリソミーです。つまり血液検査でダウン症や先天性異常、知的障害等が判別できます。

どこで検査できるの?

無侵襲的出生前遺伝学的検査を実施している病院はまだ少なく、日本では国立成育医療研究センターや慈恵医大、福岡大などいくつかしかありません。

検査対象者は?

無侵襲的出生前遺伝学的検査は、誰でも受けられるわけではありません。年齢においては下限を設けていて、対象は出産時の年齢が35歳以上の妊婦さんとしています。

ただし、経産婦さんで、出産した子の中に染色体異常があったり、カップルのどちらかが染色体異常を保因していたりすると年齢に関係なく検査の対象となります。

また、病院によっても異なりますが、臨床研究への参加に同意できるかどうかでも検査の可否に関わってくることがあります。

検査までの流れや結果はいつ頃分かるの?

検査までの流れや結果はいつ頃分かるの?

まずは遺伝カウンセリングといって検査について説明を受けます。次に血液検査を受けて、もう一度結果についてのカウンセリングを受けます。この時夫婦またはカップルで受けるようにと指示する病院もあります。

検査結果は、早くて1週間、長い場合には3週間くらい待つこともあります。また、DNAの検査になるため、陰性か陽性かと同時に性別も判明します。

気になる費用は?

無侵襲的出生前遺伝学的検査は、現在のところ保険適用外なので、全額自己負担になります。費用はおよそ20万円くらいで、それ以外にカウンセリング代として1回6000円くらいかかります。

PR