妊娠中に黒い線ができた 正中線の原因は? 産後きれいになるの?
39views

妊娠中に黒い線ができた 正中線の原因は? 産後きれいになるの?

妊娠中に黒い線がおなかにできて、何これ!?と思われた方も多いのではないでしょうか?妊娠中におなかの中央にできる黒い線を正中線と言いますが、この正中線ができる原因や、産後にどうなるのかなどをまとめました。

妊娠中におなかに現れる正中線とは?

妊娠中におなかに現れる正中線とは?

妊娠中に黒い線ができて、これはなんだ?と思われる方がいらっしゃるかもしれません。お臍のあたりから上下にできる黒い線のことを正中線というのですが、この線のできる原因や妊娠線との違いなどをご紹介しましょう。

妊娠中に黒い線ができるのはなぜ?

妊娠中に黒い線ができるのはなぜ?

妊娠中に黒い線がおなかにできる理由についてご紹介しましょう。

妊娠中に正中線ができるのは、女性ホルモンが変化して、メラニン色素の分泌が多くなるからだと言われています。妊娠中は、シミや黒ずみが増えたと思われる方も多いはず。これも、メラニン色素の増加によるものなのですが、おなかの黒い線がはっきりするのもそのせいです。

実は正中線というのは、生まれながらにみんな持っていて、個人差によって濃かったり薄かったりします。よって、妊娠をすることでメラニン色素が増加して、目にみえるようになったということなのです。

正中線と妊娠線の違い

正中線と妊娠線の違い

正中線と妊娠線の違いは、出産後に消えるかどうかです。妊娠線は皮膚が伸びてしまってできてしまうため、一度できてしまうと消えることはありません。よって、妊娠線は、できないようにクリームなどで予防をすることができます。

一方、正中線は皮膚の伸びによってできるものではないため、出産後にホルモンの分泌量が通常に戻ると消えてなくなってしまったり、もともとある方はその薄さまで戻ります。どのくらいの期間で消えてしまうのかは、個人差があります。だいたい半年から1年くらいで元に戻ると言われています。

正中線が消えない方がとった対策

正中線が消えない方がとった対策

正中線はホルモンバランスの変化によっておこるため、出産後にバランスが元に戻ることによって消えていくものなのですが、中にはなかなか薄くならないという方もいらっしゃいます。

そのような方がとった対策は、肌の美白ケア。美白効果のあるサプリメントを飲んで正中線を薄くしたようです。産後は赤ちゃんに母乳を上げる方が多いと思うのですが、サプリメントを飲む場合は、成分が問題ないかどうかを医師に確認してからの方がよいでしょう。

正中線にまつわるウワサあれこれ

正中線にまつわるウワサあれこれ

妊娠中におなかにできる黒い線、正中線にはウワサがあるようです。

妊娠をすると、お腹の赤ちゃんの性別が気になりますよね。妊娠をしてからお母さんの顔がきりっとかっこよくなれば男の子、やさしい感じになれば女の子という話をきいたことがあるかもしれませんね。また、お腹が前に張り出すように出ていたら男の子、横に広がっているような感じがあれば女の子という話もあります。

正中線にも男の子、女の子のジンクスがあるようです。正中線は、くっきりと線がでれば男の子、あまり目立たないようであれば女の子とのこと。実際に妊娠をしてみたママさんによっては、そうだという方もいらっしゃれば、違っていたという方もいるようです。昔は今のように産前にエコーをしてお腹の赤ちゃんの性別を知ることができなかったので、妊娠中の話の種としていろいろと言われていたようですね。

正中線はそれほど気にせずに

正中線はそれほど気にせずに

正中線は産後何もせずに薄くなったり、消えてしまったりするので、あまり気にしない方が良いみたいです。時がたてば解決する方が多いので、このまま消えなかったら温泉に行ったときに恥ずかしいかも・・・ビキニの水着を着ることができないかも・・・などと考えず、気にせずに気長に待つのがよいでしょう。

PR