お菓子やアイスも要注意!妊娠中の抹茶の摂取は極力控えましょう
95views

お菓子やアイスも要注意!妊娠中の抹茶の摂取は極力控えましょう

妊娠中の抹茶は葉酸という妊娠中の赤ちゃんとママの健康に良い成分が含まれている一方で、カフェインが含まれているために過剰に摂取することは望ましくありません。お抹茶としてもお菓子などに含まれている抹茶でも同様です。商品によっては高い濃度で抹茶が含まれていることがあるためできれば控えるようにしましょう。

妊娠中の抹茶は摂取して大丈夫?!

抹茶はカフェインの含有量が意外と多い

妊娠中はカフェインの多いコーヒーは控えた方が良いといわれいますが、実はカフェインは抹茶やほうじ茶、緑茶などにも含まれています。

中でも健康的なイメージの強い抹茶はカフェインの含有量が意外と多いため、一日に一杯までに留めることが望ましいといわれています。

一方で抹茶には妊娠中に摂取した方がよいといわれる葉酸も含まれています。そのため、カフェインの過剰摂取にならない範囲でなら抹茶を楽しむことを肯定する人もいます。

抹茶を使用したお菓子も食べてOK?

最近では抹茶の風味のお菓子やアイスなどが多いですよね

最近では抹茶の風味のお菓子やアイスなどが多く市販されています。

これらの抹茶味は妊娠中には控えた方がよいのでしょうか?多くの医師はお菓子に含まれる抹茶の量は適量であればカフェインの過剰摂取にならないといわれています。

ただし、もちろん適量であることが重要です。お菓子であっても最近の抹茶風味には高い濃度の抹茶が含まれている商品もあるのでお菓子だからと安心することができません。

このため、抹茶味のお菓子やアイス、ケーキなどは一日に1種類にしましょう。カフェイン含有量の少ないお菓子やアイスでも複数を一日のうちに摂取すると許容量を超えることがあります。

ちなみに妊娠中の一日のカフェイン量は200mg以下であることが望ましいと言われています。このカフェイン量はコーヒーであればカップ1杯程度です。

カフェインを過剰摂取するとどんなリスクがある?

コーヒー、抹茶、紅茶など様々な飲み物に含まれるカフェインを妊娠中に過剰摂取するとどのようなデメリットがあるでしょうか?

【1】赤ちゃんへのリスク

カフェインは血液を通じて赤ちゃんに影響を及ぼします

カフェインは血液を通じて赤ちゃんに影響を及ぼします。その影響度合いは非常に強く、赤ちゃんの中枢神経を興奮させて心身の生育を不安定にさせると言われています。頻繁にカフェインを摂取することはお腹の中の赤ちゃんもカフェインの害を受ける可能性もあることを覚えておきましょう。

【2】流産リスク

カフェインは血管を収縮させて血行不良を引き起こす可能性があります。血行不良になった場合、赤ちゃんには十分な血液が行かず、生育不良や流産の原因になることもあります。そのため、過度なカフェインの摂取は非常に危険なことなのです。

【3】ママへのリスク

妊娠中のカフェインのリスクは赤ちゃんだけでなく、ママの健康にも大きく影響します

妊娠中のカフェインのリスクは赤ちゃんだけでなく、ママの健康にも大きく影響します。

妊娠していないときにはあまり気がつきませんが、カフェインを摂取するとその代謝過程で多くのカルシウムが失われます。普段なら過剰なカルシウムが体外に排出されたときにはすばやくホルモン分泌や神経作用によってカルシウムも損失が少なく制限されますが、妊娠中は血液を一定の状態する力が弱くなるため多くのカルシウムが排出されます。

結果として、貧血や骨、抜け毛などのが多くなります。とくに骨のカルシウムは著しく奪われてしまい、骨粗しょう症の原因になります。

妊娠中に適した飲み物って?

コーヒーや抹茶などのカフェインの多い飲み物は妊娠中には安心して飲める飲み物とは言い難いかもしれません。

それでは他の飲み物で妊娠中でも安心して飲めるものにはどのようなもんがあるのでしょうか?例えば、麦茶、番茶、杜仲茶、ルイボスティー、黒豆茶などはノンカフェインで妊娠中でも安心して飲める飲み物です。

PR