妊娠中のフケをなんとかしたい!妊娠中に多い頭皮のトラブル改善法!
203views

妊娠中のフケをなんとかしたい!妊娠中に多い頭皮のトラブル改善法!

妊娠中のフケに悩まされている人は少なくありません。妊娠中は様々な体の変化が起こりますが、頭皮にも変化が起こります。頭皮の痒みやフケが出る場合、頭皮湿疹が考えられます。では、このように妊娠中の頭皮のトラブルにはどんな対策が効果的なのでしょうか?

妊娠中の頭皮の悩み

妊娠中のフケや頭皮の痒み

妊娠すると、女性の体には様々な変化が表れます。例えば、体毛が濃くなることや肌荒れが挙げられます。このような変化は、頭皮や髪の毛にも表れます。妊娠中にフケが出るようになった、頭皮が痒くて我慢できないといった悩みは多くの妊婦さんが経験しています。

妊娠中にフケが出るようになったという悩みは多くの妊婦さんが経験

妊娠中のフケや頭皮の痒みは、ホルモンバランスが関係しています。

妊娠すると、体内では女性ホルモンの分泌量が増加します。女性ホルモンは妊娠中には必要不可欠なホルモンですが、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンには皮脂を多く分泌する働きがあります。この働きによって妊娠前よりも皮脂が多く分泌されるようになり、頭皮にも皮脂が溜まりやすくなってしまうのです。

更に、妊娠中は体温が高くなるため、妊娠前よりも汗をかきやすくなります。これも頭皮の皮脂が増える原因と言えるでしょう。このように妊娠中は皮脂が多く分泌されることによって髪の毛がベタベタに感じることがあります。

ちなみに、妊娠中の頭皮の悩みは妊娠初期よりも妊娠後期に近づくにつれて感じることが多くなるようです。

これは、妊娠後期に女性ホルモンの分泌量がさらに増えるためです。また、妊娠中は男性ホルモンよりも女性ホルモンが優位になります。男性ホルモンは抜け毛の原因と言われていますが、妊娠中は男性ホルモンの働きが抑制されるため抜け毛に悩まされることは少ないようです。

妊娠中だけの悩みでもなんとかしたい!

妊娠中のフケや頭皮の痒みは、妊娠中ならではの症状です。多くの人は出産後に症状が改善します。そのため、そこまで考えすぎないことも大切と言えるでしょう。妊娠中はストレスを感じやすく、ストレスは胎児にも悪影響を与えます。

妊娠中のフケや頭皮の痒みは、妊娠中ならではの症状

とはいえ、やはり頭皮の痒みを我慢するのは難しいですよね。

妊娠中は痒みを抑える薬も極力控えたいですし、皮膚がデリケートになっているため頭皮を掻きすぎると出血することも考えられます。また、フケが出ることによって不潔感のある見た目になってしまいます。このようなことから、妊娠中の頭皮湿疹を改善したいと思う人も多いのです。

妊娠中の頭皮湿疹を改善するには?

ヘアケア方法の見直しをする

妊娠中に適したシャンプーもたくさん販売されています

little bottles / kerinin https://www.flickr.com/photos/kerinin/190446980/

妊娠中のフケや頭皮の悩みを改善したいのであれば、まずはシャンプーを見直してみましょう。

妊娠中の肌はとっても敏感です。そのため、妊娠前に使っていたシャンプーだと刺激になってしまうことがあります。

妊娠中に頭皮の異常を感じたら、低刺激のシャンプーに替えてみましょう。妊娠中に適したシャンプーもたくさん販売されているため、ぜひ試してみてください。多くの妊婦さんが、シャンプーを替えることで頭皮トラブルを改善しています。

妊娠中はシャンプーやトリートメントだけでなく美容液でのケアもプラスしましょう。

美容液を使用することで、頭皮の痒みを抑えることができます。ただし、妊娠中は低刺激で無添加の美容液を選びましょう。刺激が強いものを使ってしまうと、逆に頭皮トラブルの原因となってしまうことも考えられます。

頭皮への刺激をなるべく避ける

フケが出たり頭皮が痒いと、ついついシャンプーの時に爪を立ててしまいますよね。

しかし、妊娠中は頭皮に刺激を与えてはいけません。シャンプーの際には優しく頭皮を撫でることを意識しましょう。もちろん、普段から頭皮を掻かないように気を付けることも大切です。

PR