胎児の脳に多大な影響!妊娠中の生肉の危険性について知っていますか?
64views

胎児の脳に多大な影響!妊娠中の生肉の危険性について知っていますか?

妊娠中の生肉の危険性を知らない人も多いようです。生肉にはトキソプラズマという寄生虫がおり妊婦が感染すると胎児の脳に障害をもたらすことがあります。生肉以外にもガーデニングでの土いじりやネコの糞などにもトキソプラズマは存在しているので体内に入ったり、皮膚に直に触れないように気をつけましょう。

妊娠中の生肉の危険性

妊娠中は生肉はもちろん、レアステーキや生ハム、生ユッケなどを食べることも避けましょう

妊娠中は栄養価の高い食品を積極的に摂取することが勧められます。

ビタミンやミネラルなどの摂取のため野菜を食べることも勧められますが、最近では妊娠中のタンパク質、妊婦と胎児の健康にとくに重要であると言われて、良質なタンパク質の摂取が望まれています。タンパク質として適度な肉の摂取も推奨されています。肉にはタンパク質だけでなく、必須アミノ酸や鉄分などが含まれるため簡単に必要な栄養を満たすことができる食材です。

しかし、これほど健康に良いと言われるお肉でも生で食べることは避けなければいけません。

なぜなら、生肉には多くの細菌がおり、そのために食中毒や感染症になる可能性があるからです。単純な食中毒であっても吐き気や下痢などの強い症状がでると流産の原因になるので注意が必要です。また、生肉にはトキソプラズマという寄生虫がいます。

妊婦が妊娠中にこの寄生虫に感染すると胎児の健康を著しく損ね、麻痺や奇形などの原因になると言われています。そのため、妊娠中は生肉はもちろん、レアステーキや生ハム、生ユッケなどを食べることも避けましょう。

トキソプラズマの感染

妊娠中のトキソプラズマの感染による健康被害は毎年数件

妊娠中に妊婦がトキソプラズマに感染すると血液を通じて胎児が感染します。

抵抗力も免疫力もない胎児はトキソプラズマに感染することで脳や目に障害でやすいことがわかっています。このように妊娠中のトキソプラズマの感染による健康被害は毎年数件は報告されています。

決して多くない数字ですが、妊娠中に少し気をつけて生活することで防ぐことができたことだと思うとその後悔は計り知れません。

トキソプラズマの対策

妊娠中のガーデニングではとくに皮膚に直接植物や土に触れないようにすることが大切

生肉にいるトキソプラズマへの感染を予防するために必要なことは、食肉を十分に加熱することです。加熱することでこの寄生虫は死滅し、感染することはありません。

また、食事以外でもトキソプラズマはガーデニングでも感染することがあります。そのため、妊娠中のガーデニングではとくに皮膚に直接植物や土に触れないようにすることが大切です。

さらに、ネコを飼っている人はネコの糞にトキソプラズマが含まれているので妊娠中はネコの排泄物の処理をとくに気をつけて行うようにしましょう。

焼肉なら安全?

焼肉ではすべての肉を十分に焼いて食べることが基本

加熱すれば、肉も安全に美味しく食べることができるため妊娠中には焼肉を楽しむこともできます。

もちろん、焼肉ではすべての肉を十分に焼いて食べることが基本です。例え鮮度が良いものでも妊娠中は十分に加熱して食べるようにしましょう。

また、焼肉ではトングの使い方と箸との使い分けをきちんとすることも大切です。とくに生肉を触ったトングで焼いた肉を触ることがないようにトングは生肉を触ったものと焼いた肉を取り分けるものとの2つの用途できちんと使い分けましょう。

あるいは焼けた肉は箸を使って取るようにします。誤っても、生肉を箸で触ったり、また生肉をはさんだトングで焼いた肉をとりわける等の行為をしないように注意しましょう。

妊娠していないときには少々の寄生虫などが体内に入っても感染しないようなものでも、体力や免疫力が低下している妊娠中には感染してしまう可能性があることをしっかりと覚えておきましょう。

とはいえ、肉を食べること自体は妊婦の体には良いことであり、きちんと加熱することを守れば危険なことではないので適度に楽しみましょう。

PR