妊娠中の足のしびれ原因は?妊娠中の足のしびれ対策とは
9,247views

妊娠中の足のしびれ原因は?妊娠中の足のしびれ対策とは

妊娠後期になると、だんだんとお腹の赤ちゃんが大きくなり、足腰に負担を掛けるようになります。この時期に足のしびれを感じる妊婦さんもいらっしゃるようです。妊娠の足のしびれの原因や対策方法について学びましょう。

妊娠の足のしびれはなぜ起こる?

question-marks-2215_640 (1)

妊娠後期になるとお腹の赤ちゃんはふっくらとした姿になり、見た感じは新生児と同じような容姿となります。お母さんのお腹もかなり目立ってくる時期ですね。この妊娠後期の時期に、妊娠の足のしびれを感じられるママさんがいらっしゃいます。妊娠中の足のしびれの原因と対策についてみていきましょう。

妊娠中の足のしびれの原因【血流の滞り】

妊娠中の足のしびれの原因の1つは、血管が圧迫されることによって、血液がそこで止められてしまうことです。妊娠中は子宮内でお腹の赤ちゃんがどんどん成長をします。大きくなった子宮によって、足の神経が圧迫されるので、しびれを感じるようになります。妊娠中の足のしびれは、特にお腹の大きくなる妊娠後期に発生しやすいため、その時期には注意をしておくようにしましょう。

妊娠中の足のしびれの原因【ビタミン不足】

妊娠中の足のしびれの2つめの原因は、ビタミン不足によるものです。妊娠すると、妊婦さんが食べた栄養は本人と胎児にとられます。栄養をしっかりと摂取できていると良いのですが、1日の栄養が偏ることもあるでしょう。特にビタミンが不足すると、足のしびれを引き起こすことがあるので、気を付けておきましょう。

妊娠中の足のしびれの原因【骨盤の開き】

妊娠すると赤ちゃんを産むために徐々に骨盤が開いていきます。骨盤の開きによっても、しびれを引き起こすことがあります。骨盤は、下の部分が狭く、上がひろがっているチューリップのような形をしているのですが、この骨盤の開きを促進するのが、女性ホルモンのリラキシンです。このリラキシンの分泌によって、骨盤やそのまわりの靭帯をゆるめていき、最終的に赤ちゃんが通ることができるくらい骨盤を広げていきます。リラキシンというホルモンは、妊娠初期と後期に多く分泌されるため、その頃に足のしびれを感じるようになるでしょう。特に、妊娠後期はお腹が大きくなってくるため、ホルモンに加えて体重の増加によって足のしびれを感じやすくなるでしょう。

妊娠の足のしびれはこう対処しよう!

妊娠の足のしびれってつらいですよね。びりびりとしびれてしまうと、なかなか歩き出すことができなくなり、お腹の大きいママさんたちの中には、しびれによって転倒してしまう方がいらっしゃるかもしれません。そうならないようにするために、妊娠の足のしびれ対策方法についてご紹介!

妊婦の足のしびれの対処法

pregnant-244662_640

妊娠の足のしびれを改善するためには、大きくなったお腹を支えてあげることが大切です。お腹が血管や神経を圧迫してしびれが起こっている場合は、骨盤ベルトや妊婦帯などでお腹を支えてあげることによって、少し楽になることがあります。また、妊娠をしたときに特に必要なビタミンは葉酸やビタミンCです。葉酸は妊娠をしていない時よりもプラス1日に200μg、ビタミンCは+10μgと言われています。ビタミンの摂取にも気を付けてみましょう。

PR