妊娠中にガムって食べてもいいの?キシリトール配合のガムは大丈夫?
1,691views

妊娠中にガムって食べてもいいの?キシリトール配合のガムは大丈夫?

つわりで食事をとることができなかったりすると、妊娠中にガムを噛みたいと思うことがありますよね。妊娠中にガムを噛むことは普通にあることなので、何か問題があるの?と思われるかもしれません。ただ、ガムの中にはキシリトール配合のものがありますね。キシリトール入りのガムは、妊婦さんへ影響を与えるのでしょうか?

妊娠中にキシリトールガム、食べても大丈夫?

妊娠初期の頃は、つわりで気分が悪くて食事をすることができない方も多くいらっしゃいます。
また、食べることができたとしても、歯ブラシが気持ち悪くて歯を磨くことができない妊婦さんもいらっしゃいます。

歯ブラシが気持ち悪くて歯を磨くことができない妊婦さんもそんなときに役に立つのがガム!
でも、妊娠中にガムをかんでも大丈夫か気になる方がいらっしゃるかもしれません。
キシリトール配合のガムを妊婦さんが食べても大丈夫なのか、見ていきましょう。

妊婦中にガム(キシリトール)は赤ちゃんの虫歯予防に

妊娠中にキシリトール配合のガムを食べることで、赤ちゃんの虫歯菌の感染率が低下したという報告があります。

むし歯菌は、口腔内のキシリトールを取り込んだとしてもエネルギーにすることができないため、その結果、むし歯菌の数が減っていくことにつながります。
つわりで苦しくて歯磨きができない妊婦さんは、キシリトール配合のガムを活用しましょう。

つわりで苦しくて歯磨きができない妊婦さんは、キシリトール配合のガムを活用しましょう。
妊娠中に虫歯になりやすいのは、つわりなどで歯をしっかりと磨くことができず、口腔内が不衛生になるからと言われています。
むし歯菌の増殖を抑えるためには、キシリトールガムが効果的!
また、キシリトールガムは天然甘味料のため胎児に与える影響はないとされています。

ただ、キシリトール配合のガムを食べる時には、注意をしなければいけないことがあります。
妊娠中にガムを食べる時の注意点についてみていきましょう。

妊婦中にガム(キシリトール)で注意をすることは?

妊娠中にキシリトールガムを食べるときは、1点だけ注意をしなければいけないことがあります。
それは、キシリトールガムの食べ過ぎです。
キシリトールを食べ過ぎてしまうと、腹痛や下痢を起こしてしまうことがあるからです。

1日に20~30g以上のキシリトールガムを食べることはやめておきましょう。

キシリトールガムの効果

キシリトールガムは、魅力的な効果がたくさんあります。キシリトールガムの効果を3つご紹介しましょう。

girl-1101936_640 ガムを噛む女の子
【むし歯菌減少】
キシリトールガムは、むし歯菌であるミュータンス菌の数を減らしてくれる効果があります。
毎日定期的にとることで、むし歯を減少させることができるのです。

【歯の再石灰化力アップ↗】
むし歯菌は、キシリトールを餌にすることができないため、歯を溶かすことができません。
キシリトールは、歯が溶ける脱灰を起こすことがなく、唾液による再石灰化の効率をアップさせます。

【唾液の量が増える】
ガムを噛むことで唾液の分泌量が増えます。
唾液は、むし歯菌を洗い流す効果があるため、虫歯予防につながります。

妊娠中にガム 正しい食べ方

妊娠中にキシリトールガムを食べるときは、噛む時間やキシリトール成分に注意をしなければいけません。

◆キシリトール50%以上配合のものを選ぼう
キシリトール入りと書かれていても、キシリトール成分が50%以下では虫歯の予防効果がありません。
ガムの原料表示をみて、キシリトールが何%入っているかを確認しましょう。
50%以上のものを買うことがポイントです。

妊婦中にガム(キシリトール)は赤ちゃんの虫歯予防に
◆歯磨き前に食べよう
キシリトールガムは、歯にこびりついた歯垢をさらさらにしてくれる効果があります。
よって、キシリトールガムは歯磨きをする前に食べることがポイント!
キシリトールガムで歯垢をさらさらにしてから歯磨きをすると、歯垢が落ちやすいです。

◆1回2粒、1日3回!
キシリトールが効果的なのは4~10g。
これはキシリトールガム2粒程度です。
よって、1回に2粒を、1日3回食後に噛むようにしましょう。

PR