妊娠中の目の疲れはNG!妊娠は目が疲れる原因と予防策、対処方法について
159views

妊娠中の目の疲れはNG!妊娠は目が疲れる原因と予防策、対処方法について

妊娠中は目を疲れさせてはいけないということを知っていましたか?目の疲れと妊娠にはどのような関係があるのでしょうか?妊娠は目が疲れる原因があります。しかし、目を疲れさせると妊婦さんにとってはよくありません。ですから、目を疲れさせないためにできること、目が疲れた時にやることなどをまとめました。

妊娠は目が疲れるって本当?

妊娠は目が疲れるって本当?最近は、テレビやパソコンに加えて、スマートフォンなどの画面が小さいものを一生懸命見るようになっています。
便利な世の中にはなっていますが、その反面、目を酷使するシーンが増えてきているのも事実です。
ただでさえ、このようなシチュエーションが増えているのにもかかわらず、妊娠中は、いろいろと体の変化があります。
ところで、妊娠は目が疲れるといわれているのをご存知ですか?
その原因はいったいなぜでしょうか?

妊娠と目の疲れの関係とは?

妊娠中は、日々成長しているおなかの赤ちゃんの成長のために、母体の血液が大量にお腹の赤ちゃんへ流れていきます。
この血液の流れによって、お腹の赤ちゃんにたくさんの栄養が送り込まれ、赤ちゃんが成長していくのですから、当然ですよね。
ただし、その血液が子宮へと流れていくことによって、体内の血液の循環がよくないために、筋肉が凝りやすくなります。
そのために、肩が凝ったり、目が疲れやすくなったりするのです。

妊婦さんが目が疲れやすくてはいけない理由は?

妊婦さんが目が疲れやすくてはいけない理由は?

昔から産前産後は針仕事をするなといわれていましたが、それは、小さい針の穴に糸を通す作業や、針目をひとつひとつ縫っていくことが、目を凝らして作業をすることだからです。
そのために目が疲れてしまい、目の周りが凝ってしまったり、肩が凝ってしまったりします。
凝りや筋肉のこわばりは、血流を悪くさせ、さらに、その血流が悪いことが子宮まで届いてしまい、子宮が張りやすくなってしまうのです。
産後は、子宮が回復しようとしていますが、血液の流れが悪くなってしまうと、回復が滞ってしまうのです。

目を疲れさせないためにできることは?

このように、目が疲れることは妊婦さんにとってはよくないことです。
目を疲れさせないためにはいったいどういうことをすればよいでしょうか?

スマートフォンなどの使用を控える

スマートフォンを使っている本人は、そこまで目の疲れを感じていないかもしれませんが、意外と目とその周りにはストレスがかかっているものです。
ですから、妊娠中は、ある程度時間がたったら、一度目を休めさせるようにするという心がけも大切です。
スマートフォンを使えなくなったりすると、それはそれでストレスとなってしまうこともあります。
ですから、ストレスを抱えないためにも、禁止にするわけではなく、このようなルールを作ることだけでも、今よりも目の疲労が改善されるかもしれません。

目のケアをしてみる

目のケアをしてみる

疲れを感じる前に、目を休ませようとすることをしてみることもよいでしょう。
たとえば、アイマスクをして、目に対してストレスをかけないようにしてみるということも一つのアイデアでしょう。
また、ドライアイのような目の乾きも目に負担がかかってしまいます。
ですから、潤いを持たせるために、目薬を使うこともよいかもしれません。

妊婦さんに目薬は大丈夫?

妊婦さんに目薬は大丈夫?

残念ながら、すべての目薬が妊婦さんに大丈夫ということはありません。
中には、妊婦さんにとっては負担の大きい成分が入っていることもあります。
ですから、使用する前に、まずきちんと産婦人科の先生になどに相談することも大切です。

PR