妊娠中に右わき腹が痛い時は、すぐに受診した方がいいの?
185views

妊娠中に右わき腹が痛い時は、すぐに受診した方がいいの?

妊娠中は様々な体調の変化があり、特に初めての妊娠の場合は、小さなことでも、とても心配になるものです。妊娠中に右わき腹が痛いと感じたら、どのような原因が考えられるのでしょうか?また、すぐに産婦人科を受診した方がいいのでしょうか?

妊娠中に右わき腹が痛い時に考えられる原因とは

卵巣や子宮から来る痛み

妊娠中は、妊娠していない時とは全く異なる体調の変化がありますから、特に初めての妊娠では、小さな体調の変化にも敏感になってしまうものですね。

妊娠中に右わき腹が痛いと感じた時、妊娠のごく初期であれば、卵巣から排卵したことによる排卵痛がまだ残っている場合や、受精卵が着床した時の着床痛であることなどが考えられます。
これらの痛みは、ほとんどの場合、我慢できないほどの痛みではなく、時間が経つとともに消えていくものですから、特に心配することはありません。

妊娠中に右わき腹が痛い時に考えられる原因とは
妊娠のごく初期よりも妊娠が進んだ段階で右わき腹に痛みを感じる場合は、妊娠により子宮が大きくなったことで、子宮を骨盤に固定する働きをしている円靭帯が引っ張られることが原因となっていることがあります。
円靭帯が引っ張られることによる痛みである場合は、妊娠が進むにつれて、子宮は大きくなっていくものですから、妊娠初期だけではなく、妊娠中期から後期にかけても痛みが出ることがあります。
また、円靭帯は左右にあるものですから、右わき腹だけに限らず、左わき腹が痛むこともあります。
ただ、どちらに痛みが出ても特に心配する必要はありません。
痛みが強い場合には、少しでも和らげるために、痛い方の脇腹を下にして安静にすることをおすすめします。
また、子宮が動く時に痛みを感じるので、急に大きく動いたり、姿勢を変えたりせずに、動作はゆっくりと行うように心がけるといいでしょう。

便秘から右わき腹が痛くなることも

妊娠をすると黄体ホルモンが分泌されますが、このホルモンが腸の働きを弱くすることで、妊娠中は便秘に悩む人も多くなり、このため妊娠中に右わき腹が痛い時には、便秘が原因となっていることも考えられます。

便秘を解消するためには、運動と食事が大切ですから、妊娠中でも身体に負担にならないウォーキングなどの軽めの運動をするようにして、食事はヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品や、野菜など食物繊維を豊富に含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

便秘を解消しまよう
できるだけ薬には頼りたくありませんが、運動と食事だけではどうしても解消できない時には、自己診断ではなく、必ずかかりつけの産婦人科医に相談をして、妊娠中でも飲んでも問題のない薬を処方してもらうようにしましょう。

妊娠中に右わき腹が痛いときに注意したいこと

心配なときは必ず受診しよう

妊娠中の腹痛で心配な症状としては、動くことも辛く、我慢できないような強い痛みがある場合や、周期的に痛みが起こる場合、出血を伴う場合、またお腹全体が痛くなる場合などが挙げられます。

妊娠中に右わき腹が痛い時は、特に心配のないものであることが多いものですが、妊娠中の症状には個人差があり、また誰もが同じ経過をたどるものではありませんから、少しでも心配な時は、躊躇することなく産婦人科を受診するようにしましょう。

心配なときは必ず受診しよう
また、自己診断で薬を飲んだり、ハーブを用いたり、マッサージをすることなども控えるべきです。
母体のストレスは、おなかの赤ちゃんにいい影響を与えることはないですから、何か心配がある場合は、大げさかもしれないなどと考えず、受診するようにしましょう。

PR