つわりは味覚障害?妊娠中に味覚障害になったら
281views

つわりは味覚障害?妊娠中に味覚障害になったら

好物だったのに受け付けなくなったり、ニオイが不快で食べられなくなったなど味覚や嗅覚に関するつわりは多くの妊婦さんが経験するものです。妊娠中に味覚障害になるつわりはとても苦しいものですが、赤ちゃんが成長している証拠。味覚障害の仕組みから、上手に乗り切る方法も合わせて紹介します。

妊娠中に味覚障害になってしまう妊婦さんがいます。
ベースとなる味覚には、塩味・酸味・甘味・苦味・そしてうま味の5種類あると言われていますが、どれが欠けても嫌だな…と想像できますね。

妊娠するとご飯が炊けるニオイがだめになる、すっぱいものがほしくなるとはよく言いますが、食べ物から飲み物、そしてニオイも含めて味覚が変わってしまいます。

その変化は人それぞれ違いますが、例えば「大好きなお酒を飲んでも美味しく感じなくて妊娠に気付いた」「大好きなスイーツを食べてもおいしく感じなかった」「ニオイもだめになって食べられなくなった」など…
今回は、妊婦さんと味覚について紹介します。

妊娠中に味覚障害になってしまう妊婦さんがいます。

つわりは味覚障害?

特に、妊娠超初期といわれる3週目までと妊娠初期の15週目頃までに、多くの妊婦さんに見られるつわりの症状が「味覚の変化」です。

実はこの妊婦さんが経験する「つわり」、重かったり軽かったりと程度はいろいろですが、亜鉛不足による味覚障害だと言われているのを知っていますか?

妊婦さんは自分では気付きませんがおなかの赤ちゃんのために亜鉛を大量に消費していて、どうしても亜鉛が不足しがちになります。
そしてこの亜鉛が不足すると、味を感じるはずの味蕾(みらい)という舌の器官の代謝が悪くなってしまうのです。

味覚障害になるとどうなるの?

味覚障害は一時的な症状のことが多いのですが、亜鉛不足が続くとお腹の赤ちゃんの成長にも影響してくるので注意が必要です。
単なるつわりと考えず、味覚障害の症状が長引いていないかチェックしましょう。

さらに、妊娠によって起こるホルモンバランスの変化が自律神経に影響して、味覚に変化をもたらすとも言われています。

そして、一口に味覚障害といってもいろんなタイプがあります。
味の感じ方が鈍くなってしまったり、まったく無くなってしまうものや、ある特定の食べ物だけ味が分からなくなってしまうもの、甘いものを苦く感じてしまう、今までと違った味がしてしまう、口の中に何も入っていなくても味がしたり、何を食べてもおいしくない、変な味がする、などです。

風邪や花粉症で鼻詰まりのときに味が鈍くなる経験をしたことがあるかもしれませんが、これは食べ物などのにおいを感知する嗅細胞が鼻の中あるためです。

一口に味覚障害といってもいろんなタイプがあります

味覚障害を切り口に食育を考える

先ほど味蕾という舌の器官の話をしましたが、これから食育も考えなければならないお母さんたちに少し知っておいてほしいことがあります。

味蕾にある味細胞が刺激されて、信号が脳へと伝わっていき、味を感じます。
高齢者に多い味覚障害ですが、実は今、子どもや若年層にも増えているのだそうです。

食生活の乱れや無理なダイエットが原因となったり、ファストフードや刺激の強い食品や、食品添加物などで亜鉛不足になりがちな食生活が、味覚障害を引き起こしているのです。

亜鉛は体内で作れませんので、味覚障害を予防するためにも亜鉛を多く含む食品をバランスよく摂取するように心がけましょう。

子どもや若年層にも味覚障害が増えている

亜鉛を積極的に摂取するには

実はそんなに難しく考えることはありません。
亜鉛は、普通の食材に少しずつ含まれているものなので、栄養の偏りなく普通に食事をしていれば摂取することができます。

妊婦さんや授乳中の場合は、より積極的に摂取したいので、亜鉛を多く含む魚介類や豚レバー、牛肉など肉類をとりながら、ゴマを副菜に使ってみたり、アーモンドのようなナッツ類をおやつにするなどの工夫をしてみるといいでしょう。
また、亜鉛の吸収を促進するためには、緑黄色野菜や果物でビタミンCやクエン酸を摂るようにするとより効果的です。

あまり、意識したことのない亜鉛ですが、カラダの中でとても広く活躍している栄養素ですのでとても重要です。

PR