妊娠とピアスは両立できない?アレルギーと細菌感染について
992views

妊娠とピアスは両立できない?アレルギーと細菌感染について

ピアスをあける女性が多くなり、ボディピアスの中でも女性に人気なのが「ヘソピ」と言われるへそピアス。でも女性なら直面する妊娠とピアスの関係について考えたことはありますか?どんどん大きくなるお腹にピアスをしたままで大丈夫?妊娠とピアスについて調べてみました。

ピアスしてる?

最近、かわいいアクセサリーといったら、イヤリングよりピアスの方がたくさんありませんか?

ピアスを開けるのは勇気はいるけれど落とす心配もないし、イヤリングのような締め付け感もないですよね。

小さいアクセサリーはやはりピアスの方がかわいい!さらに大きいものや長いものなどバリエーションも豊かです。

小さいアクセサリーはやはりピアスの方がかわいい

ボディピアスも人気

耳以外の場所のピアスをボディピアスといいますが、ボディピアスを楽しんでいる方も増えているようです。

耳と違い、体の動きが激しいところや力が入りやすいところにするボディピアスの中には少し深い部分に穴を通すところもあります。

またこの場合穴の内部の様子が分かりにくく、あまりしょっちゅうピアスを出し入れすると穴を傷つけてしまうことがあるので、つけっぱなしにすることがほとんどです。

女性に人気のボディピアスは?

ボディピアスは、口の周辺、目の周辺、その他、首、胸、腕などの上半身、腰、足などの下半身がありますが、女性に人気なのがおへそです。

おへその形がきれいに見えるのと、ファッションツールとして合わせることができるのが魅力のようですね。安室奈美恵さんや土屋アンナさん、倖田來未さんなどがへそピアスでおしゃれをしているのが有名です。かっこいい系ですね。

ボディピアスで女性に人気なのがおへそです。

妊娠とピアス

妊娠中にへそピアスはあり?

ボディピアスが女性に人気があるとなると、当然妊娠とピアスの関係も心配になるところ。しかも、どんどん大きくなるお腹の真ん中についているへそピアス。上述のようにボディピアスはつけっぱなしが基本のようですが、お腹の皮はぴっぱられますし、心配ですね。

心配ごと-皮膚は大丈夫?

妊娠初期の方でせっかく開けたピアスの穴はふさぎたくない、できることならこのまま出産したい、でもお腹の皮も心配、、、、なんて悩んでいる方が実は結構多くいます。

でも実際、産科医には外すように言われるでしょうし、お腹が大きくなったらピアスをし続けることは無理(^^)。パンパンになるんですから。

2か月から4か月位のときに外す方が多いようですよ。それでも出産後に試したら穴はふさがっていなかった、という方もいますから。

心配ごと-金属アレルギー

ピアスの穴そのものよりも妊娠とピアスで心配なのは、穴が化膿することなんです。これはおへそに限らず耳もですが、妊娠中は免疫力が下がり、ちょっとした雑菌でも化膿する可能性があります。

また、妊娠によってホルモンのバランスが変わり、それまで症状が出ていなかっただけで、もともとも持っていたアレルゲンが反応してしまい金属アレルギーがでてしまう方もいるんですね。

一度金属アレルギーが出てしまうとその金属を避ける以外方法はありません。出産後に程度が軽くなることはあっても完全には治らないようです。

樹脂ピアスなど金属ではないピアスをしていれば、金属アレルギーにはなりませんが、金属よりも傷がつきやすいので雑菌が繁殖しやすいというデメリットがあります。

妊娠中は風邪薬でさえ飲むのを避ける方もいますよね。ですから、ピアスの穴が化膿してしまって抗生物質を飲まなきゃいけない、なんて、、、、。

ピアスをしている方の約4割の方が多少なりとも金属アレルギーに悩んでいる、というアンケート結果もあるくらい、金属アレルギーは身近なものなんですよ。妊娠中は気を付けたいですね。

金属アレルギーを起こしやすい金属は、ニッケル、亜鉛、真鍮などで、どちらかというと安価なピアスに使われます。逆に金属アレルギーを起こしにくい金属は金、銀、白金、プラチナ、チタン、ステンレスなどです。

金のピアスはよく目にしますが柔らかい素材なので傷がつく可能性が高く、そこから雑菌が繁殖することもあるようです。

純チタンや、医療用ステンレスがおすすめのようですが、おしゃれと素材との兼ね合いが難しいですね。

妊娠中にあえて開けなくても。。。

時として、妊娠中に新しくピアスを開けたい、なんていう方がいるようなんですが、上記のように妊娠中は免疫力も落ちていますし、薬も好きに飲めません。

妊娠中にあえて開けなくても

ピアスを開けた直後が一番トラブルが多いようですから、あえて妊娠中にピアスを開けることはないでしょう。しかも出産後は自分のことはほぼほぼできない状態。お子さんが落ち着いてから開けてくださいね。

PR