エンジェルサウンドとはどのようなもの?使用法や使用時期について
206views

エンジェルサウンドとはどのようなもの?使用法や使用時期について

エンジェルサウンドとは、妊婦さんのおなかにあてることで胎児の心音を聞くことができる機械のことです。インターネット通販でも売られていますので誰でも購入することができます。妊娠10週くらいから使うことができ、遅くても15週くらいから心音を聞くことができます。

エンジェルサウンドとはどのようなものかについて

「胎児超音波心音計 エンジェルサウンズ」/Amazon.co.jp

胎児超音波心音計 エンジェルサウンズ/Amazon.co.jp http://www.amazon.co.jp/%E8%83%8E%E5%85%90%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2%E5%BF%83%E9%9F%B3%E8%A8%88-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BA-Angelsounds-JPD-100S-%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF/dp/B00LBSQ3AG

 

エンジェルサウンドとは、胎児超音波心音計のことです。すなわち胎児の心音を聞くことができる器械のことであり、医療機器ですしそして市販もされています。エンジェルサウンズという言い方をする場合もあります。

妊娠初期の頃には診察は1か月に1回であり、流産もしやすい時期ですから、きちんと赤ちゃんが成長しているか不安になります。そのようなときにエンジェルサウンドを使用することによって、赤ちゃんの心音を確認することができ、妊婦さんの不安もなくなります。

エンジェルサウンドはいつごろから使用することができるの?初期から使用していいの?

エンジェルサウンドは胎児の心臓の鼓動を聞く機械のことです。赤ちゃんがおなかの中で胎芽と呼ばれる状態から胎児となるのはだいたい妊娠8週目です。見た目が人間らしくなってくるだけでなく内臓器官も働きます。そのため、赤ちゃんの心臓の拍動がはっきりしてきます。産婦人科での超音波検査を行うことができるのもその時期ですが、早い人ではその頃から聞こえます。ですが、だいたい妊娠12週くらいから使うことが基本です。

エンジェルサウンドってどうやって購入するの?誰でも聞こえるの?

操作は難しいわけではありません

エンジェルサウンドを貸し出している産婦人科もありますが、インターネットなどで手軽に購入することができます。大体値段は8000円から10000円くらいからあり、高価なものでは20000円程度するものもあります。

使い方はジェルを塗ってから、胎児の心臓があるところにプローブを当てて、付属のイヤホンやヘッドフォンで胎児の心音を聞きます。お腹より下のほうに心臓があったりするので、音を聞きあてる際に苦労することもありますが機械の操作は難しいわけではありません。

胎児の心音ってどんなもの? 超音波は胎児に影響はあるの?

エンジェルサウンドは医療機器として認められ、数々の臨床実験が行われた上で認可されていますので、胎児に悪影響があるということはありません。
胎児の心拍は初期の頃はトコトコトコ・・・と小さめな音で聞こえます。超音波は水の中を通すのでジェルをつけないと聞こえないでしょう。赤ちゃんの心拍は大人よりも早いですので、心拍数が多くてもそこまで心配することではありません。ですが、妊娠11週くらいの胎児はとても小さく20グラムくらいです。ですので探し当てるのは大変です。

エンジェルサウンドを使うとどんないいことがあるの?

妊娠を家族で共有できる

妊婦健診は回数が限られており、初期には1ヶ月に1回しか健診できませんので、赤ちゃんが生きているかどうか不安になります。そのため、不安なくマタニティライフを送るために購入する人もいます。

不安の軽減のほかにも、エンジェルサウンドには妊娠を家族で共有できるという利点もあります。妊娠中期の胎動が感じられるころにならないと家族も妊娠の実感がわかないこともあります。ですが、エンジェルサウンドを使うと、家族も赤ちゃんの心臓の音を聞くことができます。上の子に下の子の妊娠を伝えることもエンジェルサウンドを使うとスムーズに行えます。

あまりにも依存しすぎると不安もありますが、エンジェルサウンドを妊娠時の楽しみとして使用することが推奨されます。

PR