妊婦は胃薬飲んじゃいけないの?妊娠中の胃痛はどうすればいいのか
4,826views

妊婦は胃薬飲んじゃいけないの?妊娠中の胃痛はどうすればいいのか

妊婦は胃薬を飲むことはできるのでしょうか?妊娠中でも飲むことができる胃薬はあります。 市販薬を選ぶよりも、産婦人科で処方してもらう方が安心安全です。 胃の痛みが続く方は、妊婦健診の時に担当医に相談をしてみましょう。

妊婦は胃薬飲めますか?

baby-216180_640

妊娠中は、つわりやおなかの中にいる赤ちゃんが臓器を圧迫してくるため、胃が痛くなったり胃もたれすることもあります。どうにも我慢できないときには、非妊娠時であれば、胃薬をすぐに飲むことが出来ますが、妊娠中はなるべく赤ちゃんに薬の影響を与えたくないものです。市販薬を使用する際には、医薬部外と書かれた胃薬なら使うことができます。
逆に第三類医薬と書かれている場合には、妊娠中に使えるものとそうではないものが。また第二類医薬品の場合には、数日だけ一時的に使うことができますが、常用し続けるのはやめておいた方が無難なものもあります。

何故医薬部外品の胃薬なら大丈夫なの?

一般的に市販薬でも妊婦は胃薬を飲まない方がいいと言われていますが、医薬部外品なら、服用しても問題はないとされています。
何故医薬部外品と書かれた胃薬なら大丈夫なのでしょうか?

それは、医薬品と比べて、成分の効果がソフトであるからです。国内の薬事法では、人間の身体に対して薬の効果が比較的ゆるやかなものに対して、医薬部外品として販売許可が下りているからです。
胃が痛いけれど、とりあえずの応急処置としてソフトな効果を発揮してくれる医薬部外品なら、胎児に対する薬の影響も少ないので、服用してもまず問題はあまりないと言えるでしょう。

第一類は絶対に飲まないこと

妊娠中には、市販薬の中で絶対に服用してはいけないものがあります。それは、第一類医薬品と書かれたものです。
もし服用してしまった場合は、医師に相談をしましょう。

プロスタグランジン系は妊娠中は絶対に服用禁止

市販されている胃薬の大半は妊娠中に服用してもまず問題がないとされていますが、中には絶対に服用してはいけないものがあります。
それは、PG系と呼ばれるもので、プロスタグランジン系の胃薬です。
このプロスダグランジンの成分は、強い力で子宮を縮めてしまう作用があり、服用すると流産してしまう危険性があるからです。

素人判断は禁物。飲むなら医師に相談しましょう。

妊娠中に服用することができる胃薬はいろいろとあり、市販化もされています。一般に薬局で販売されている胃薬のほとんどは、病院で処方される薬に比べると、効果が緩やかであるものがほとんどです。
しかし、やはり素人判断は禁物です。

かかりつけの産婦人科医に相談しよう

服用するときは、かかりつけの産婦人科医に相談をするのが一番でしょう。赤ちゃんにあまり影響の出ない胃薬を処方してくれます。
また医師によっては、胃薬をあまり患者に処方したくないという方も。胎児に対する薬の危険性というのは、100パーセント安全と言い切れません。
そんな時は民間療法で乗り切るのも1つです。

キャベツや大根おろしを食べよう

c0dd7f233ba7a254ac65a357abb5fa0a_s

キャベツや大根おろしには胃痛を和らげる効果があるとされています。

食べる時は少しずつ数回に分けて食べて

臨月が近づいてゆくと、大きくなった赤ちゃんの身体が胃を強く押しつけてゆくので、胃の出口から胃液が逆流するため、胃が痛むこともあります。
胃痛を防ぐためには、食事を何回かに分けて食べると、胃への負担が少なくなるので、痛みも減少します。

食べた後すぐ寝ちゃだめです

食後すぐに横になると、胃液が逆流するため、食後すぐに横にならないことも必要です。

生活習慣をちょっと変えるだけでも改善することがありますので、お試しください!

PR