早産や流産だけじゃない!妊娠中に淋病であると赤ちゃんへの感染リスクも
119views

早産や流産だけじゃない!妊娠中に淋病であると赤ちゃんへの感染リスクも

妊娠中に淋病であると、早産や流産のリスクが高くなるほか、出産時に対策をとらないと赤ちゃんに感染するおそれがあります。赤ちゃんが感染すると体の各部に炎症が起こります。もっとも多いのは目の結膜炎で最悪の場合に失明もあり得ます。適切な処置をすることで安全に出産できるのでまずは検査をしましょう。

妊娠中に淋病になると危険なの?

妊娠中に淋病になると危険なの?

淋病は淋菌に感染することで発症する感染症です。感染は性行為やオーラルセックスなどの他、母子感染でも感染します。

淋菌自体の感染力はそれほど高くなく、およそ30%であると見積もられています。ただし、同じタオルの使用などでも感染することも報告されているため、感染者との接触は慎重に行う必要があります。

日本では80年代に淋病の感染者数のピークを迎え、その後減少しましたが、最近になって再び感染数が増えていることが問題視されています。

また、性的行為によって淋病に感染した場合、高確率でクラミジアにも感染している可能性があることも指摘されています。

女性は男性に比べて感染しても気がつきにくい

女性は男性に比べて感染しても気がつきにくい

淋病の症状は、感染して数時間から数日と比較的早い時期に発症します。感染する部位は喉や性器などの粘膜、尿道、子宮、直腸、さらに目の結膜にまで及ぶ可能性があります。

男性の場合には痛みを感じるために、比較的早い段階で感染に気づくことがありますが、女性の場合には自覚症状が乏しく、感染した部位によっては感染したことに長期間にわたって気がつないこともあります。

そのため、菌が子宮や骨盤の内膜、卵巣などまで侵食することがあり、不妊の原因となることがあります。しかし、淋病に感染していても妊娠することは可能です。

妊娠中に淋病感染をしていると流産リスクが増加

そして、妊娠中に淋病であるかどうかは早い段階で知ることが大切です。

なぜなら、妊娠中に淋病に感染していると早産や流産のリスクが高くなる他、出産時に適切な対処がとられないと出産した直後の赤ちゃんにまで感染させてしまう可能性があるからです。このため、妊娠中に淋病検査をして陰性か陽性かをきちんと知っておく必要があります。

知らずに出産することで赤ちゃんに感染します

知らずに出産することで赤ちゃんに感染します

もし感染を見逃して出産した場合、赤ちゃんが感染する確率は3割になります。

ただし、この数字は母子双方の健康度やその日の体調によって大きく変化するため、決して安心できる数字ではありません。もし赤ちゃんが感染した場合、結膜炎や関節炎、尿道炎など各部位に感染症状を起こす可能性があります。

特に症状の出る部位は目であると言われており、目に症状が出た場合には、失明の可能性も高くなると言われています。

排尿時の不快感に要注意

排尿時の不快感に要注意

このようなことにならないために、気になる症状があったら、早めに検査をする必要があります。

女性は比較的、症状が少ない淋病ですが、例えば頻尿や排尿時の不快感、腹痛などがある場合には早めに対処することが大切です。家族に知られたくないと医師に伝えれば、不用意に家族に知らされることもありません。大切なのは自身が感染していないかどうかをはっきりとさせることです。

日常生活では免疫力の向上が肝心

淋病は抗生剤で治療する他、根治するこは大変難しいと言われていますが、それでも症状を減らしたり、改善する方法がないわけではありません。

その方法は体を温めて体温を下げて免疫力をあげることと、重曹を入れたお風呂に入ることです。これらのことは滅菌とまではいかなくとも菌の活動を抑えたり、数を減らすには効果的です。

反対に体温が低下することで免疫力が低下すると、著しく体調が悪くなることもあります。また、原因が特定できない体調不良が続いた時にも、淋病などの感染症である可能性があるので、気になる人は病院で検査を受けましょう。

PR