ママのお腹の中でいつまで逆子は治る?逆子を治す方法とは
4,246views

ママのお腹の中でいつまで逆子は治る?逆子を治す方法とは

赤ちゃんは羊水の中で回転し、通常大きくなると頭が重くなるので重力で自然に頭が下、足が上の体勢になって落ち着き、生まれてきます。出産時に頭が上になっている場合は逆子で、帝王切開による出産になるおそれもあります。いつまでに逆子は治るのでしょうか?自然に頭が下になっていなければ体操などでも治せます。

森三中の大島美幸さんも経験している逆子とは?

patient-470514_640

出産時にお腹の赤ちゃんは、頭を下にした状態でお腹の中にいて、頭から産道を通って生まれてきます。ところが、頭が下にならず、足や腕が下になってしまった状態で分娩を迎えてしまうことがあります。このような状態を、胎盤位、いわゆる逆子といいます。

逆子は基本、出産までには治る

お腹の赤ちゃんは、小さくてゆとりがあるうちは羊水の中で動き回っています。成長して大きくなると、頭が重くなるので重力により頭が下になってきます。妊娠28週~30週頃には自然と頭が下、足が上になります。32週頃になるとお腹の赤ちゃんが大きく、羊水が減ってくるので羊水の中で回転するのが難しくなります。

32週頃、妊娠8ヶ月までに頭が下にこない場合には、ママは体操などをしたりして赤ちゃんが頭を下にするようにし、逆子を治します。

みんなが試した逆子を直す方法

逆子体操

逆子をなおす体操は2種類あり、どちらもおしりを高く上げることで、赤ちゃんを骨盤からずらし、回転させやすくすることによって、なおします。30週以降、夜寝る前に行いますが、おなかが張ったらすぐやめましょう。切迫早産の危険がある場合、体操をしてはいけないので、必ずかかっている主治医の指導のもとに行うようにしてください。 また体操の後には必ず30分以上の休憩時間が必要です。

<胸膝法> 

腹部をゆるめ、両膝をつき、おしりをできるだけ高く持ち上げます。これを15〜20分続けたら、頭を上げないように注意しながらそのまま横向きで寝ます。終わったらすぐに起きてはいけません。シムスの姿勢で休んでからにしましょう。

<ブリッジ法> 

あおむけに寝て、高さ30〜35センチになるように、おしりの下に枕や布団を入れます。この姿勢を1回10分間、1日2回行いましょう。

鍼灸治療

鍼灸では、ママの足が冷たいので、 赤ちゃんの頭は自分の身を守る為に温かい方、すなわちママの頭の方へ向いてしまうために逆子になると考えられています。なので治療は主に、母体の体調の変化を聞いて、それを改善する方法を取ります。もしママに足のむくみや冷え、頭ののぼせなどがあらわれていればそれを改善します。

ツボ押し

自分でツボを刺激してもできます。おもに下記のツボがお勧めです。

「三陰交(さんいんこう)」

内くるぶしから、指4本分上にあるツボです。3つの陰が交わると書き、同時に3つの経絡を刺激することが出来るツボです。ここを押すと血行が促進されるため逆子を直すのに効果があるとされています。

「至陰(しいん)」

足の小指の爪の外側の根元にあるツボです。生理痛解消などでも使用するツボなのですが、逆子を直すのにも効果があるとされています。

これらのツボは、グイグイ押したり、痛いけど我慢したりといったキツい刺激はしないでください。1日強く刺激してもなかなか治らず、毎日適度に刺激するうちに逆子が治っていきます。

注意➤ツボ押しをする場合には、一番初めは医師の診断を受けてから開始するようにしましょう。また実施する場合も妊娠8カ月ごろからにしましょう。

もし出産時に逆子だったら!?

もし、体操や指圧などをしても逆子が治らない場合、体位によっては経腟分娩により出産しますが、安全のため帝王切開により出産することになります。

自然分娩を試みる赤ちゃんの体位

・単殿位
おしりが下になって両足を上に持ち上げている姿勢。逆子の中では経腟分娩できる可能性が最も高い体位です。

・複殿位
ひざが曲がり、おしりと足が下にある姿勢。両足が下にあるとき(全複殿位)と、片足だけ上がっている状態(不全殿位)のときがあります。お尻が確実に頭より下になっている場合は経腟分娩が可能ですが、単殿位よりリスクが高いといわれています。

帝王切開になる赤ちゃんの体位

下記の体位になっている場合、足から出てくることになるので、安全のため帝王切開になる場合がほとんどです。

・足位
両足を下に伸ばした姿勢。

・膝位
ひざの関節が曲がってひざ頭がいちばん下にある姿勢。

最終的に逆子で出産する人は5%未満です。なので体操や鍼灸などかかりつけの産婦人科医と相談して対策を決めて実行しましょう。

PR