風邪予防のために妊娠中にうがい薬、使って良いの?
44views

風邪予防のために妊娠中にうがい薬、使って良いの?

妊娠すると、免疫力が落ち、風邪をひきやすくなったり、体調不良を引き起こしやすくなります。しかし、妊娠中にうがい薬や他の薬を飲んでも良いのでしょうか。ここでは、妊娠中に飲んではいけない薬について紹介します!

妊娠中にうがい薬って飲んで良いの?

うがい薬は避けた方が良い!

市販されているうがい薬はたくさんありますが、ポビドンうがい薬やイソジン、ガラクールなどのうがい薬は、避けた方が良いでしょう。なぜなら、これらのうがい薬には殺菌や消毒作用のある「ヨード」という成分が入っており、この成分で赤ちゃんが先天性甲状腺機能低下症になる可能性があります。先天性甲状腺機能低下症は、甲状腺の働きが悪く、甲状腺ホルモンが不足します。すると、元気がなく、哺乳力が弱い子になったり、黄疸や手足の冷え、便秘などの症状が出てきます。うがい薬を恒常的に使ったり、飲んだりしなければ大丈夫とも言われていますが、影響が少なからずあるかもしれないので、妊娠中にうがい薬や止めておいた方が無難です。
妊娠中にうがい薬って飲んで良いの?

どうしても妊娠中にうがい薬を飲みたい時は、産婦人科に相談しましょう。ヨードの入っていないうがい薬を処方してくれるはずですよ。

他に妊娠中飲んではいけない薬は?

センナやアローゼン

センナやアローゼンが配合されている薬は、子宮を収縮させる可能性があるため、避けるようにしましょう。センナやアローゼンは、便秘薬などに配合されています。従って、大量に便秘薬などを飲まないようにして下さいね。

大量に便秘薬などを飲まないようにして下さい

アスピリン

鎮痛剤などに含まれているアスピリンは、長期にわたって使用すると、胎児の異常が確認されます。鎮痛剤は、アスピリンが含まれているものだけでなく、様々な種類があるので、痛み止めを飲むのであれば、薬剤師や医師に相談をするようにしましょう。

痛み止めを飲むのであれば、薬剤師や医師に相談をするようにしましょう。

インドメタシン

妊娠末期でインドメタシンを大量投与すると、胎児に問題が発生する可能性があります。できるだけインドメタシンが配合されている薬は避けるようにしましょう。

ビタミンA

サプリ等に含まれているビタミンAは、大量に服用すると頭蓋神経などの奇形が現れる可能性があります。従って、大量服用をしないように注意しましょう。

サプリ等に含まれている成分にも注意

強い作用のある薬は避けよう!

作用の強い薬は妊娠中の体や胎児に悪影響!

妊娠中に避けたい薬は、上記以外にも、抗がん剤や麻薬、睡眠薬、ホルモン剤、ワクチンなどは絶対に避けるようにしましょう。また、ステロイドの内服薬もホルモン剤の一種なので、口蓋裂の発症を高める可能性があるので、できるだけ避ける方が良いでしょう。

うつ病の薬も危険!

うつ病などの精神疾患で処方される薬も、妊婦には悪影響を及ぼす可能性があります。精神疾患ですでに薬を処方されている方は、医師に相談して薬を中止するなどの対処をした方が良いでしょう。

薬は全てダメ!という訳ではない!

妊婦でも飲んでも良い薬はある!

絶対に避けたい薬を除いては、妊婦でも飲んで良い薬もあります。薬を飲まなければならない病気を持っている方は、その病気が胎児に影響を及ぼす可能性があるので、医師と相談して、副作用が少ない治療を続けるようにしましょう。例えば、漢方薬などであれば、効き目も弱いので、1回飲んだくらいであれば、それほど影響はありません。妊娠中の薬は、絶対に飲んではいけないという訳でなく、最低限を利用して、うまく付き合うようにすると良いでしょう。

漢方薬などであれば、影響は少ない場合が多い。

実は、医薬品での奇形は、割合としては少ないとも言われているので、あまり過度に心配しないようにしましょうね。

PR