安定期の仕事で大切なのは、決して無理をしないこと
109views

安定期の仕事で大切なのは、決して無理をしないこと

安定期の仕事は、妊婦になる前と同じペースでこなして、出産後の復帰に備えようと考えていませんか?安定期だからと言って、妊婦に無理は禁物です。職場へ妊娠を報告したら、もし自分が急に休むことになっても大丈夫なように考えながら、体調をこわさないよう注意を払って仕事をするようにしましょう。

職場では妊娠を、いつ、だれに報告する?

まずは上司に報告しよう

妊娠は、人生の中でも大きな喜びに包まれる出来事であると同時に、仕事をしている女性にとっては、大きな転機でもありますね。
子育てに専念するのか、出産後も仕事を続けるのか、仕事を続けるのであれば、出産後、どれくらいの時期に復帰するのかなど、考えなければならないこともたくさんあります。そんな中、職場で一番最初にしなければならないのは、周囲の人への妊娠の報告です。

妊娠中は、それまでどんなに体調が良かった人でも、急にどんな体調の変化が訪れるかわかりませんから、そのときに周囲の人が自分の仕事に対応できるようにするためにも、職場の人には、妊娠がわかったら早めに報告しておく方がよいでしょう。ただし、妊娠12週までの期間は、染色体の異常などにより流産が起きてしまう可能性もあるため、それ以降に報告する人が多いようです。

まずは上司に報告しよう報告する際は、まず最初に直属の上司に報告することが望ましいでしょう。どんなに親しい仲間でも、上司に報告する前に話すのは避けておいた方が無難です。上司に報告する際には、できるだけ周囲に人がいないときを選び、上司以外の人に報告するのは、上司の意向を聞いてからにした方がよいでしょう。

 

安定期の仕事は、無理をしないことが大切

安定期でも、妊婦は妊婦

妊娠初期は、つわりなどで体調が悪くなることもあり、仕事でもプライベートでも無理をしないように心がけるものですが、体調が落ち着いて安定期に入ると、安定期という言葉の響きもあり、ついつい必要以上に安心してしまいがちです。しかし、妊娠の安定期というのは、胎盤が出来上がったことを言うのであり、赤ちゃんはまだまだお腹の中で成長を続けなければならない時期ですから、母体が無理をししてまうと、赤ちゃんによい影響を与えるわけがありません。実際に、仕事をしていない女性と比較すると、安定期に入ってから流産を経験した女性は、仕事をしている女性の方が多いという事実もあります。出産後に仕事への復帰を考えているのであれば、なおさら無理はしないように心がけるべきで、母体も赤ちゃんも健康でなければ職場復帰は難しくなります。

安定期でも、妊婦は妊婦また、仕事が忙しく、体調も悪くないからといって、妊婦健診を受けないままにするのは絶対にNGです。妊婦健診をきちんと定期的にうけていれば、何か異常が起きた際も早めに発見することができ、早い対応をとることができるからです。

 

妊娠全期間を通して、何事も頑張りすぎない

出産後、職場に復帰しようと考えている人ほど、復帰後のことを考えて、妊娠中に仕事面で無理をしてしまいがちです。また、出産後のキャリアを考えたり、妊娠中でも担当の仕事は自分できちんとやりとげようと考えたりして、仕事をかかえてしまいがちになることもあります。

ですが、もし体調の急変で入院などが必要になった際には、周りの人にかえって大変な思いをさせてしまうことになってしまいます。体力面や体調面は、個人差がありますが、妊娠をしたら、安定期の仕事であっても、無理をせず、自分が急に休むことになっても周囲の人が困らないように配慮しながら、仕事をすすめていくようにしたいものです。
妊娠全期間を通して、何事も頑張りすぎない

 

PR