妊婦はさんまを食べても良い?妊娠中に積極的に食べたい魚介類はこれ!!
2,240views

妊婦はさんまを食べても良い?妊娠中に積極的に食べたい魚介類はこれ!!

魚介類は、良質なたんぱく質や血管障害の予防などに良い多くの栄養素を含み、健康を保つ上で必要な食材です。しかし、魚介類には水銀やセシウムが含まれていることがあるので、妊娠中は注意も必要です。ここでは、妊婦はさんまを食べてよいのかなど、妊娠中に食べてよい魚介類などを紹介します。

妊娠中に魚を食べて良いかどうか?

食べる種類と量に注意して!

妊娠中に魚介類を食べるのは、とても良いことです。なぜなら、魚介類には良質なたんぱく質や、血管障害の予防やアレルギー反応を抑制する作用があるDHAやEPAを多く含み、カルシウムも豊富だからです。魚介類は、いわば、健康的な食生活を営む上で重要な食材であると言えます。従って、妊娠時や出産時に必要な栄養素も豊富なので、積極的に摂りましょう。
しかし、魚介類には、食物連鎖によって、自然界に存在する水銀や、最近は放射能問題によるセシウムが含まれている可能性があります。魚介類を極端にたくさん食べたり、偏った食べ方をすると、この水銀やセシウムが取り込まれ、お腹の赤ちゃんに影響を与える可能性が出てきます。

妊娠中に魚を食べて良いかどうか

妊娠中、魚介類を食べすぎるのは危険です。ほどほどに楽しみましょうね。

妊娠中、積極的に食べたい魚介類は?

さんま

さんまは、青魚に含まれ、青魚は水銀の影響が少ないと言われています。青魚の中でも、高タンパクでDHAが豊富なさんまは、妊娠中、積極的に取り入れたい食材です。さんま1尾で1日に必要なたんぱく質の3分の1が摂取できてしまうんですよ。良質なたんぱく質は、新鮮な血液や筋肉を作り上げ、免疫力も高まるので、妊婦さんにとって理想の魚です。妊婦はさんまを積極的に摂取しましょう。

妊婦さんにとって理想の魚

小魚

小魚は、骨も頭からまるごと食べることができるので、カルシウムやDHAをたくさん摂取できます。フライパンで炒って佃煮にしたり、市販のアーモンドフィッシュなどを積極的に食べましょう。シラスやちりめんじゃこも良いですよ。ただし、アーモンドフィッシュは、カロリーが高いので、注意して下さいね。

アーモンドフィッシュはカロリーが高い

 

妊娠中、注意したい魚介類は?

貝類や甲殻類

貝類や甲殻類は、妊娠中食べても良いのですが、生で食べるのは避けましょう。食中毒の危険性があります。これらを摂取する時は、できるだけ新鮮なものを選び、火を通して料理しましょう。

水銀を含む魚介類

前述の通り、魚介類の中には、水銀が含まれている可能性が高いものがあります。具体的には、マグロ類、金目鯛、マカジキ、ユメカサゴ、キダイ、キンキ、鮭などです。これらの魚をどうしても食べたい時は、量を制限して食べるようにしましょう。

放射性物質が含まれているかどうか

妊婦さんが魚介類を食べる時に、最近心配になるのは、放射性物質が含まれているかどうかです。市場で流通している食品の放射線量は、国の基準値をクリアしたものです。気にしすぎることはないでしょう。しかし我が子を思って、できるだけ放射線量の少ないものを…という気持ちはわからないでもありません。しかし、検出されているものは、東北産はもちろん、北海道産や千葉産などの魚介類に限られます。従って、日本海側や瀬戸内海など産地を選べば、セシウムが含まれていることは少ないので、これらの魚を食べる時は産地をしっかり見て選びましょう。

 

生ものは避けよう

妊娠中、食べてよいものと悪いもの、ここまででお分かり頂けたでしょうか。しかし、食べてよい魚介類でも食中毒を避けるために生で食べることはできるだけ控えましょうね。

 

PR