頭痛薬として、弱い成分のカロナール!妊婦にカロナールの服用はOKなの?
378views

頭痛薬として、弱い成分のカロナール!妊婦にカロナールの服用はOKなの?

妊婦にカロナールの服用は安全なのでしょうか?頭痛持ちの妊婦には妊娠中の頭痛は辛いものがあります。産婦人科では、妊娠中の頭痛の緩和としてカロナールが実際に処方されるケースもたくさんあります。しかし妊娠後期にカロナールを服用すると胎児の動脈が収縮してしまい障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性もあります。

妊婦にカロナールは安全?

頭痛薬として処方されるポピュラーな薬なのですが

カロナールは、頭痛薬として処方されるポピュラーな薬です。カロナールは、頭痛薬として処方される割とポピュラーな薬です。一般的には、妊婦がカロナールを服用しても問題はないとされてきました。カロナールに含まれる成分はアセトアミノフェンという成分です。色々な頭痛薬がありますが、アセトアミノフェンは、やさしい成分であるため、産婦人科でも頭痛持ちの患者さんによく処方されています。ちなみにカロナールの副作用は、発疹が出来たり、下痢や腹痛、食欲がなくなったり、吐き気などがあります。安全だとされているカロナールですが、このような副作用があらわれたら、すぐに服用をやめて、病院を受診しましょう。

アセトアミノフェンが成分の薬

出典:株式会社 アラクス「ノーシン錠」

出典:株式会社 アラクス「ノーシン錠」

カロナールは、ジュネリック製品であるため、一般の妊婦さんが薬局で手に入れることはできません。しかし、カロナールに含まれる成分と同じアセトアミノフェンが主成分の頭痛薬が、薬局で市販化されています。ノーシンという有名な日本の製薬メーカーで、テレビのコマーシャルなどで周知されている方も多いのではないでしょうか。ノーシンは第二類医薬品であり、使用上の注意書きを見ると、妊娠している方は医師に相談してから服用するようにと記載されています。頭痛薬としての成分は弱いですが、やはり妊娠されている方は、自己判断で服用せずに、医師に相談してから服用した方がよいでしょう。

妊娠後期では新生児遷延性肺高血圧症の危険性が

後期は服用しない方がよい!

後期は服用しない方がよい!

これまで妊婦にカロナールが処方されても、弱い成分であるため、服用しても問題はないとされてきました。しかし、妊娠後期になり胎児が大きく成長していくと、カロナールの薬用成分が胎児にも伝わり、胎児の動脈が収縮を起こしてしまう可能性があることが解ってきました。そのため、妊娠後期はできるだけ妊婦にカロナールを服用させることはやめた方がよいのです。

新生児遷延性肺高血圧症とは?

新生児遷延性肺高血圧症とは?

新生児遷延性肺高血圧症は、呼吸がうまくできない障害です。この病気は、胎児の時期に肺高血圧状態が続いたため、生まれた後も肺高血圧状態が続き、呼吸困難な状態になってしまうのです。仮死状態で生まれてきてしまったり、人工呼吸器をつけたまま過ごさなくてはいけません。肺高血圧状態で生まれてくると、その後の生存状態についても、残念ながらあまり良好とは言い難いでしょう。

妊娠中の薬の処方は産婦人科で行いましょう

どんな薬でも影響があることを忘れないで!

妊娠中は薬の服用はできるだけ避けた方が無難と言えるでしょう。安全だと思われている薬でも、薬用効果がある一方で、人によっては副作用がある場合もあります。健康な赤ちゃんを産むためには、やはりどんな薬でも、医師の指示がない限りは、服用しない方がよいでしょう。妊娠中の頭痛が酷い場合には、産婦人科医に相談することが大切です。最近の産婦人科では、漢方を取り入れている病院もあり、妊娠中の頭痛も漢方薬で治すことができます。万が一、妊娠後期にカロナールが処方された場合には、胎児への影響について再確認するか、漢方薬を代わりに処方してもらえるかどうかを尋ねてみましょう。

PR