胎児のしゃっくりは原因不明?羊水に混ざる異物?生まれてからの呼吸練習?
150views

胎児のしゃっくりは原因不明?羊水に混ざる異物?生まれてからの呼吸練習?

胎児のしゃっくりは原因として何が考えられるのでしょうか?胎動を感じるようになってから、しゃっくりが気になるようになったという妊婦さんは沢山いらっしゃるようです。ぴくっ、ぴくっと定期的に動くのは、胎児のしゃっくり?胎児のしゃっくりの原因について考えられることをまとめています。

胎児のしゃっくりの原因と対処法

胎児のしゃっくりは原因不明なのでしょうか?はっきりとした原因は未だ明らかにされていないようなのですが、いろいろな諸説があるようです。胎児のしゃっくりの原因について勉強しましょう。

胎児はどうしてしゃっくりをするの?

胎児はどうしてしゃっくりをするの?胎児がしゃっくりをする原因には、羊水が関係しているものや、生まれてからの肺呼吸が関係しているものなどがあります。それぞれをご紹介しましょう。

【胎児のしゃくりの原因は羊水の異物】
胎児がしゃっくりをするのは、羊水に含まれている不純物を出すためだという説があります。胎児はお母さんのお腹の中で、羊水を飲んで栄養をとっているのですが、その羊水に異物やごみが混ざっていることがあり、それを吐き出すためにしゃっくりをしているのではないかと言われています。

【胎児のしゃくりの原因は肺呼吸の練習】
胎児は生まれた後に肺呼吸をするために、しゃっくりをして横隔膜を鍛えているのではないかと言われています。赤ちゃんは、生まれてすぐに肺呼吸をしなければなりません。肺呼吸をするための練習をお腹の中で一生懸命しているのかもしれませんね。

【胎児のしゃくりの原因は胎児の成長】
胎児のしゃっくりの原因は、胎児がしっかりとお腹の中で成長をしているからとも言われています。呼吸機能が整えられることによって、しゃっくりができるようになってきます。胎児が大きく成長するにつれて、しゃっくりの音が、「とくん、とくん」から「ドックン、ドックン」、「ビクッ、ビクッ」などと、感じ方が違ってくる妊婦さんもいらっしゃいます。妊婦さんの中には、胎児がしゃっくりをしているときに、お腹の上にやさしく手をあててさすってあげると、しゃっくりがとまったという方もいらっしゃいます。

胎児のしゃっくりが多いと危険?

胎動を感じ始めてから、妙に胎児のしゃっくりが多いなと思われている妊婦さんがいらっしゃるかもしれません。胎児のしゃっくりの回数が多いと、何か問題があるのでしょうか?胎児のしゃっくりが多くなったり長かったりすると不安になりますが、何も気にすることはないようです。あまりにも頻繁で長くあるようであれば、産婦人科医に一度相談をしてみるとよいでしょう。

胎児のしゃっくりが多いと危険?ある妊婦さんは、胎児があまりにも長くしゃっくりをするので医師に相談をしたところ、医師からは、元気の良いお子さんの証拠だよと言ってもらえたそうです。無事に何事もなく出産をし、今ではその赤ちゃんは成人を迎え、立派に成長しているとのことです。

胎児のしゃっくりの対処法は?

胎児のしゃっくりの対処法は?大人や子供がしゃっくりをすると、それを止めるために、水を一気に飲んだり、誰かに不意に驚かせてもらったりすることはないでしょうか?しゃっくりが出ると、そのような対処法を、一度は試してみたことがあるかもしれません。胎児の場合にも、そのような対処法はあるのでしょうか?

胎児の場合は対処法がなく、何もしなくても自然とおさまっていきます。胎児のしゃっくりばかり気にしていると、母親の不安な気持ちがお腹の赤ちゃんにも伝わってしまい、しゃっくりを長引かせることになるかもしれません。しゃっくりは元気な証拠と思ってどっしりと構え、出産を迎えることが大切です。

PR