想像妊娠の妊娠検査薬反応は?想像妊娠の対処法は?
146views

想像妊娠の妊娠検査薬反応は?想像妊娠の対処法は?

早く赤ちゃんを抱きたい、二人の赤ちゃんが欲しいと強く望んでいる方の中には、想像妊娠を経験された方がいらっしゃるかもしれません。想像妊娠時の基礎体温や妊娠検査薬の反応、想像妊娠の対処法などについてご紹介しましょう。

想像妊娠で悩む方へ

想像妊娠で悩む方へ赤ちゃんを希望しているけれど、授かることができない方、想像妊娠の経験がある方等は、想像妊娠の対処法について知りたいと思いますよね。また、想像妊娠をすると妊娠検査薬はどのような反応をするのか、基礎体温グラフはどのようになるのか等についてご紹介しましょう。

想像妊娠の妊娠検査薬反応は?

想像妊娠をすると、妊娠検査薬はどのような反応をするのでしょうか?

想像妊娠は、実際に妊娠をしていないのに、お腹が大きくなったり、つわりなどの症状が出てくることを言います。想像妊娠は、お腹に赤ちゃんがいないため、HCGホルモンが分泌されることはありません。

妊娠検査薬は、妊娠をしたときに出るHCGホルモンの分泌量によって陽性が出るため、想像妊娠の場合は陰性反応がでることになります。

想像妊娠の妊娠検査薬反応は?陽性反応が出たけれど、病院で検査をしてもらうと陰性だった場合、これは想像妊娠ではなく化学流産をしてしまったことが考えられます。つまり、自宅で検査をしたときにはお腹に赤ちゃんがいて陽性反応が出たけれど、病院での検査までに流産をしてしまい、その結果陰性反応となってしまったのです。

このような状況のことを、想像妊娠だと勘違いしてはいけません。これは、化学流産であり、想像妊娠だけど陽性反応が出たと、誤解することのないようにしましょう。

想像妊娠の基礎体温グラフは?

想像妊娠をすると基礎体温グラフはどのようになるのでしょうか?

想像妊娠の症状が重い場合は、妊娠をしたときと同じように一度体温が下がって、排卵日を境目に急に体温が上がる高温期が続くケースがあります。基礎体温グラフだけをみると、高温期が長く続いて生理がとまるため、妊娠をしたのではないかと勘違いをしてしまいます。想像妊娠の基礎体温グラフは?

想像妊娠で、基礎体温グラフが妊娠をしたかのように高温期が続く場合、黄体ホルモンの分泌異常が考えられます。黄体ホルモンの分泌異常になると、妊娠をしていなくても高温期が2週間以上続くことがあります。

黄体ホルモンの分泌異常は、過度のストレスによって起こるようです。ホルモンの量は、婦人科などで調べることが可能です。

想像妊娠の対処法とは?

想像妊娠の対処法とは?

想像妊娠の対処法をいくつかご紹介しましょう。

【妊娠検査薬を使用する】

想像妊娠の場合は陰性反応がでるため、妊娠検査薬を使って調べることで対処することが可能です。陰性という結果を見ることで、生理が始まったりつわりが治まることが多いようです。

【婦人科を受診して調べる】

自分で妊娠検査薬を使って調べることが困難な場合、産婦人科を受診して調べてもらうとよいでしょう。産婦人科では、お腹に赤ちゃんがいるかどうかをエコーを使って調べてくれます。

想像妊娠の場合は、エコーを使って調べたときにお腹に赤ちゃんがいないため、妊娠をしていないということが明らかになります。検査をして妊娠をしていないと分かれば、症状が改善され、しばらくして生理が始まることが多いです。

【ストレスをためないリラックスした生活を】

生理がこなくなってすぐに気分が悪くなるなどの症状が出る場合は、想像妊娠の可能性が高いです。つわりが始まるのは、妊娠2か月くらいからなので、早くつわりの症状が出る場合はあやしいと考えて良いでしょう。

ストレスをためることで想像妊娠の症状が出るため、リラックスした環境をつくり、心のストレスを発散させることが大切です。

PR