想像妊娠の症状はまるで妊娠初期の症状と似ています
284views

想像妊娠の症状はまるで妊娠初期の症状と似ています

想像妊娠の症状は妊娠初期の症状と類似しています。検査薬の陰性反応を自分の目で確かめて、本人が妊娠していないことを自覚すると、症状が消えていく場合がほとんどですが、人によっては体温が高い高温期と呼ばれる状態が長く続くこともあります。

想像妊娠の症状とは?

想像妊娠の症状は妊娠初期と類似します

想像妊娠の症状は妊娠初期と類似します
結婚すると、自分のライフスタイルについていろいろと計画するのではないでしょうか。結婚後、早く子供が欲しいと願ったり、仕事が順調なので、もっとキャリアアップして、子供はもう少し後になってから産みたいなど、いろいろな考え方があることでしょう。

そんなとき、人は想像妊娠をすることがあります。想像妊娠の症状は、妊娠初期の症状と類似しており、つわりと同じような吐き気や、乳房の張りや痛みなどを感じることがあります。また予定していた生理が遅れたり、体温も高い状態が続きます。

本人も、もしかして妊娠したのかもと思い、妊娠検査薬で調べてみると、陰性反応が出るので、この陰性反応を実際に目で見て、妊娠していないことを自覚することによって、想像妊娠の症状も次第に消えていきます。

中には妊娠検査薬の陰性反応を信じない人も!

子供が欲しいと強く願うばかりに、妊娠検査薬の陰性反応を間違いだと思いこんでしまうケースも中にはあります。精神的な問題も大きいため、精神科の受診が必要なこともあるでしょう。

過去に中絶の経験がある人もなりやすい傾向が

過去に中絶の経験がある人もなりやすい傾向が
中絶した過去は、その人にとって大変辛い経験で、大きな心の闇を抱えていることもあります。またこうしたデリケートな問題は、自分1人で抱えていることが多いため、過重なストレスがかかっていることもあるでしょう。

実際に想像妊娠をされた方の中には、中絶の経験者も多くいます。二度と妊娠はしたくないというストレスが引き起こしている場合もあります。特に中絶を何回も繰り返している人は性行為があるたびに、重い心のストレスと戦うことになるかもしれません。

そうしたストレスを予防する方法として、ピルを利用する方法があります。妊娠を希望していなければ、ピルを服用することによって、大きな不安感やストレスから逃れることができます。

想像妊娠は、生理前に起こりやすい?

想像妊娠は、生理前に起こりやすい?想像妊娠の症状は生理前の症状と類似していることもあります。たとえば、生理が始まる前に、胸が張ってきたり、精神的になんだかイライラして気分が落ち着かない、昨晩十分に寝たのにも関わらず、昼間どうしようもなく眠い、胃がムカつき吐き気がするなどの症状があります。

実は、これらの症状は想像妊娠の症状とよく似ているため、生理前の症状を妊娠したかも?と勘違いしてしまうこともあります。

心の中で、「妊娠した」と思ってしまうと、体温がそのまま高温の状態が続き、まるで妊娠したかのような症状が続くこともあります。

想像妊娠は、ストレスが原因

ホルモンはとってもデリケートなものです

ホルモンはとってもデリケートなものです
女性の心や体はとてもデリケートなものです。どちらも不調だと、女性ホルモンのバランスを崩す原因となります。

想像妊娠は心が原因の場合が多く、その人が持つさまざまな問題や不安、物事の考え方、思考などに要因があることでしょう。子供が欲しいと強く願うことや、またその逆の妊娠に対する恐怖心によって引き起こされるため、体も心も健康な状態であり続けることが必要です。

ストレスが原因となって想像妊娠が引き起こされるケースがほとんどであるため、たまには1人でリラックスしてのんびりと過ごすことも大切です。精神的な悩みを抱えている方は、思い切って精神科でのカウンセリングを受けてみるのも一つの解決方法です。

PR