妊娠中の自閉症の対策にはビタミンとミネラルが有効!
230views

妊娠中の自閉症の対策にはビタミンとミネラルが有効!

妊娠中の自閉症の対策として妊娠中の食事がとくに大切です。現代の食事には多くの化学調味料や食品添加物が含まれていますが、それらを摂取すると代謝の際に多くのビタミンやミネラルを失います。そのため、野菜や果物で十分に摂取し、ミネラルも質の良い塩を選んで摂取することをおすすめします。

妊娠中の自閉症の対策

自閉症は生まれつき脳の機能や思考などのため社会生活にうまく適応することができない障害自閉症は生まれつき脳の機能や思考などに特徴があるために一般的な人よりも社会的な生活にうまく適応することができないという障害です。自閉症には認知などに関する脳の機能に問題がある場合や、コミュニケーションがうまくとれないタイプ、また、想像を働かせて人の心や周囲の状況を読みとることが苦手なタイプなど様々あります。以前は生育環境や親の育て方、あるいか家系(遺伝的)問題として捉えられることがありましたが、最近の研究で自閉症の発症はそれらとはほとんど関係がないことが明らかになっています。ただ、脳の機能の問題であるために、妊娠中の食事内容で影響がでるのではないかと指摘する人もいます。

飽食なのにビタミンが不足している?!

原因になっているのは加工食品に含まれる化学調味料や食品添加物の摂取妊娠中の食事で不可欠なものはビタミンと言われています。食べ物には多くの栄養素やビタミンが含まれているために一般的な食事で不足することはほどんどありません。むしろ現代の日本は飽食のために妊娠中であっても食事制限する必要があるくらいです。しかし、そのようなビタミン類を十分に摂取する食事であるにも関わらず、妊娠中の妊婦のビタミン量は十分ではないと指摘する人もいます。その原因になっているのは加工食品に含まれる化学調味料や食品添加物の摂取です。これらの人工物を摂取すると代謝のために多くの栄養、ビタミン、ミネラルが消費されます。

インスタント食品を食べないだけでは不十分!?

このような食べ物を口にしないためにはジャンクフードやインスタント食品などはもちろん、精製された砂糖、炭水化物、塩なども過度な摂取は危険になります。つまり、精製された砂糖の入っている市販の食品、白米、精製された小麦粉の入った製品、食卓塩など、パック入りの牛乳やチーズなど日常的に摂取しているものを食べるだけでも体から多くのビタミン類は奪われてしまいます。そのため、一般的な食事をしている人でもビタミンやミネラルは不足しがちなのです。このようなビタミン不足は赤ちゃんの脳機能に大きな栄養を及ぼし、自閉症の原因の1つである可能性があります。

精製された塩はもやは薬品

精製された塩はもやは薬品ビタミンと同じくミネラルも自閉症の対策には欠かせないものです。しかし、最近は妊娠中の高血圧などの予防のために塩分摂取を控えることを勧める医師も少なくありません。このように体によくない塩というのは精製されていることが問題なのであり、塩そのものが問題であるというわけではありません。例えば、塩の過剰摂取で血圧や心臓に負荷をかけると言われていますが、天然塩の場合には例え、過剰摂取しても下痢や嘔吐ですぐに体外に排出されます。そのため、塩分の過剰摂取で血圧が上がることは本来、ありえないことなのです。ただし、精製された塩は別です。塩化ナトリウム99%以上という精製された塩はもはや食品ではな薬品と同じものです。そのため、過剰摂取した際にすばやく代謝、排泄することができずに、体内に残ります。この代謝されない精製された塩が心臓病や血液、血圧の病気の要因になるのです。

塩は健康な妊娠生活に不可欠!

ヒトの体にとって塩はミネラルを補給し、塩分を摂取するために不可欠なものです。天然の塩分は体温を上げ、排泄機能を高める効果があります。血行促進にも効果があるため、健康な妊娠生活には欠かせないものです。過度に食卓塩を摂取するのは確かに体に悪いことですが、天然塩や岩塩は健康に良い面がたくさんあるため、美味しく食べることをおすすめします。

PR